劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』ライブ配信決定&購入方法

演劇・ミュージカル関連
この記事は約10分で読めます。

劇団四季初の試みとして新作オリジナルミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』のライブ配信が決定しました!2020年11月22日(日)と11月23日(月)の13時公演の2回、ライブ配信が行われます。

そこで今回はライブ配信が決まった『ロボット・イン・ザ・ガーデン』について、そしてライブ配信のチケット購入方法について簡単にご紹介していきます。

『ロボット・イン・ザ・ガーデン』について

今回ライブ配信が行われる『ロボット・イン・ザ・ガーデン』ってそもそも何なの?という方もいらっしゃると思うので、簡単に作品紹介や魅力などをお伝えしていきたいと思います。ぜひお付き合いくださいませ。

作品紹介

『ロボット・イン・ザ・ガーデン』はデボラ・インストール著の小説が原作となっています。今回劇団四季で舞台化されたのは第1作目となる『ロボット・イン・ザ・ガーデン』です。小説は舞台のその後が描かれている『ロボット・イン・ザ・ハウス』や『ロボット・イン・ザ・スクール』、『ロボット・イン・ザ・ファミリー』も発売されています。

以下、劇団四季公式HPにて紹介されているあらすじです。

アンドロイドが人間に代わって家事や仕事を行う、今からそう遠くない未来。
イギリスの田舎町に住むベンは両親を事故で失って以来、無気力な日々を過ごしていた。
妻・エイミーとの夫婦仲もうまくいかない。
そんなある日、庭に壊れかけのロボットが現れる。
「きみの名前は?」「…タング」
ロボットに不思議な魅力を感じ、ベンはあれこれと世話を焼く。
そんなベンに愛想を尽かし、ついに家を出て行くエイミー。
ショックを受けるベンだが、タングを修理するため旅に出ることを決意する。
アメリカ、そして日本へ。やがて、ある事実が明らかになる……。

無気力な30代のベンと、ベンの家にある日突然現れたロボット・タングの旅路を描いた作品です。旅や多くの人たちと交流していくことで、人間とロボットの絆、そして家族の絆の大切さに気付かされていくベンが、人生再起を目指しながらタングやエイミーたちに寄り添っていく、心温まる優しい物語です。

キャストは以下の通りです。

ベン:田邊真也
タング:斎藤洋一郎&長野千紘/生形理菜&渡邊寛仲
エイミー:鳥原ゆきみ
ボリンジャー:野中万寿夫
カトウ:萩原隆匡
リジー:相原萌
ブライオニー:加藤あゆ美
コーリー:カイサータティク
デイブ:長手慎介
ロジャー:五十嵐春
 
【バイプレイヤー】
菅本烈子
本城裕二
宮下友希
 
【アンドロイドダンサー】
軽部智子
桒原駿
佐田遥香
武田恵実
塚田健人
渡邉寿宏

タング以外はシングルキャストですが、劇団四季を誇るベテラン俳優さんや実力派の俳優さん、トップダンサーさんが揃っている豪華っぷりです。中でも主人公・ベンを演じる田邊真也さんのお芝居は必見。そしてタングを演じる洋一郎さん&長野さんペア、うぶちゃん&渡邊さんペアとでそれぞれタングの演じ方が全然違うので印象も大きく異なるでしょう。まるで小説からそのままキャラクターが飛び出してきたような、キャストの皆さんのはまり役っぷりも必見です。

3つの魅力

『ロボット・イン・ザ・ガーデン』は私自身がかなり魅力を感じている作品でもあり、今絶賛ロボット中毒になっています。そこでこの作品を楽しむうえでの魅力を3つ紹介していきたいと思います。

タングの愛しさ

この作品の何よりの魅力はロボット・タングの愛らしさだと思っています。観た人全員がタングの可愛さに心を撃ち抜かれること間違いなしでしょう。ガラクタみたいに汚くて時代遅れなロボットとして描かれているタングですが、まるで人間の子供のような愛らしさは誰にも負けません。


何が可愛いってこのフォルムも死ぬほど可愛いんですけど、やっぱり一番はタングに声を吹き込むキャストの方々のお芝居の力が大きいと思います。タングのメインボイスを務めるのは斎藤洋一郎さんと生形理菜さん。男性ボイスと女性ボイスとでそれぞれ印象が異なりますが、子供っぽい声色と喋り方は必見。きっと観劇後にはタングにメロメロになっているはずです。

アンサンブルの豪華さ

実際に観ていただくと分かるのですが、「この俳優さんがこんなところに!?」というような驚きと発見がたくさんあるのがこの作品の魅力でもあります。ベン役の田邊真也さん、そしてタング役の両ペア以外のキャストは全員アンサンブルとして別役で登場しています。一番の難易度はエイミー役の鳥原ゆきみさんですが、きっと分かるはずです。


この上の画像でもすでに萩原隆匡さんと加藤あゆ美さんがアンサンブルとして登場されていますし、野中万寿夫さんや相原萌さんなどのプリンシパルも至るところで色んな役で登場されています。観劇の際はぜひこのアンサンブルの豪華さにも注目してみてください。

家族の絆の温かさ

この作品ではベンとタング、ベンとエイミー、ベンとブライオニー、リジーとカイル…といったあらゆるキャラクターたちの家族としての絆が描かれています。ベンはタングと旅を続けていくことで次第にタングに対して愛情が湧いて、家族になりたいと思うようになります。同時に、旅の直前に家を出て行ったエイミーへの気持ちにも気付き、もう一度彼女とやり直すためにどうするべきかを考えるようにもなっていきます。

人間とロボットという違った存在でも「家族になりたい」と思えるようになる。「家族になる」ってどういうことだろう、とたくさんのことに気付かされるはずです。そんな、作中で描かれる家族の絆の温かさは多くの人の心を動かすこと間違いなしでしょう。


そしてベンがタングに向けて歌うこのナンバーはきっと大号泣ソングになることも間違いないと思います。騙されたと思って、ぜひ『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を観てみてほしいです。心が温かくなって、優しい気持ちになれる、そんな作品だと思っています。

ライブ配信概要

ここからは『ロボット・イン・ザ・ガーデン』のライブ配信の概要について紹介していきます。


そもそも版権が厳しい劇団四季でなぜライブ配信が実施できるかというと、劇団四季のオリジナルミュージカルだからです。ブロードウェイのプロダクションがライセンスを持っている作品というわけでもないので、今回はライブ配信が実施可能となっています。きっといずれBlu-ray・DVDも発売されるでしょう。

さて話を戻してライブ配信の概要をざっくりと書いていきます。

【公演】
劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』東京公演
 
【配信日】
2020年11月22日(日)13時公演
2020年11月23日(月)13時公演
 
【上演時間】
約3時間(1幕:90分/2幕:70分)
 
【配信サイト】
「劇団四季ライブチャンネル」
「U-NEXT」
「Rakuten TV」
 
【視聴料金】
1公演:3,800円(税込み)
 
【販売開始】
2020年11月5日(木)10時~
 
【配信について】
視聴は公演当日開演30分前から可能です。
見逃し配信があり、公演の翌日23時59分まで視聴可能です。
配信限定の特別映像が幕間で流れるそうです!(四季メールマガジンより)

タングは1公演交替制で洋一郎さん&長野さんペア、うぶちゃん&渡邊さんペアが演じています。そのため今回配信が決定している22日と23日の公演はそれぞれのペアで観ることができます。現状22日がどっちで23日がどっちかは分かりません。11月16日(月)のキャスト情報でタングペアの出演日が確定するので気長に待ちましょう。

個人的には可能であれば両日とも配信を視聴することをオススメします。なぜなら、両ペアでまったく異なるタングになること、そして作品自体の印象も大きく変わるからです。両者の違いを家にいながら実感できるので、ぜひぜひ観てみてほしいです…!

また四季のメールマガジンにて配信限定の特別映像が公開されるそうなので、そちらも期待しておきましょう。内容については明かされていませんが、幕間の20分で流れる映像ですから結構見応えもあるのではないか…と思います。濃厚なところでいえばキャストのインタビュー、オフステージトークといったメイキング映像的なものじゃないかなぁ…と予想しています。そちらも当日のお楽しみにしたいところですね!

【劇団四季ライブチャンネル】配信チケット購入方法

劇団四季ライブチャンネルとU-NEXTとRakuten TVの3サイトで配信が決定した『ロボット・イン・ザ・ガーデン』。どのサイトで視聴するのがいいのか正直判断がつかないので、私は22日をRakuten TVで、23日を劇団四季ライブチャンネルで視聴することにしました。

劇団四季ライブチャンネルは今回の配信を機に立ち上がったサイトになります。そこで、簡単ではありますが配信チケットの購入方法についてご紹介していきますので参考にしてみてください。

上記のURLに飛ぶと、劇団四季ライブチャンネルの『ロボット・イン・ザ・ガーデン』配信特集ページにたどり着きます。22日、23日とで購入ページが分かれているのでご自身の購入する日程をクリックします。

日程ごとのページに遷移すると上記のように右側に購入用ボタンが表示されます。購入画面に映る前に一度確認していただきたいのが、ネットワーク環境です。ご丁寧にテスト動画が用意されているのでちゃんと問題なく視聴できるか確認しておきましょう。

※1回目は問題なく再生できたけど2回目以降再生すると音声が出ないという場合は、キャッシュをクリアすると問題なく音声が出ると思います。音声が出なくなった場合はキャッシュを削除してみてください。

さて、問題なくテスト動画を再生できたら購入画面に移ります。まずは購入前に会員登録が必要となるため、会員登録を済ませてしまいましょう。劇団四季の四季idとは別物になるため、劇団四季ライブチャンネルで購入・視聴する方は全員対象となります。

ちなみにパスワードは数字、英語、記号いずれも使って8文字以上で設定が必要です。少しめんどくさいので忘れないように注意しておいてください。

会員登録が完了すると、購入前の最後の確認としてテスト動画画面が出てきます。すでに一度テスト動画を確認した方も、ここで改めて視聴できるかどうか確認しておきましょう。

テスト動画を問題なく視聴できたら、次にクレジットカード情報の入力を行います。決済が無事に済むとようやく購入完了となります。

マイページに戻ると購入ボタンは購入済にステータスが変更されるようになります。視聴開始は公演当日の開演30分前からとなりますので、それまでは視聴画面へは飛べませんので覚えておきましょう。このような感じで、劇団四季ライブチャンネルでも簡単に購入ができました。せっかく四季ちゃんが立ち上げたサイトでもあるので、どのサイトで購入・視聴するか迷っている方は劇団四季ライブチャンネルを選んでみてもいいかもしれません!

まとめ

以上、簡単ではありましたが『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の簡単な作品紹介とライブ配信概要まとめでした。劇団四季もコロナ禍で苦しい状況が続いています。何億円もの赤字を抱えながら毎日公演を行っていること、そしてコロナ感染のリスクと隣り合わせの状況で毎日公演を行ってくださっている俳優の皆さん、スタッフの皆さんがいること。そんなつらい状況でも私たちにたくさんの感動と元気を届けてくださっている劇団四季を微力ながら応援していきましょう!

もし『ロボット・イン・ザ・ガーデン』について気になる方は、拙いレポではありますが私の観劇ブログも参考にしてみてくださいませ。

配信当日はぜひ皆さんと一緒に『ロボット・イン・ザ・ガーデン』で盛り上がれたら嬉しいです!

そしてこの作品が大好きになった方はぜひ原作も読んでみてください!凄く面白いですし舞台の補完となる要素もたくさん詰まっているのできっと楽しく読めること間違いなしです!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました