2014年11月27日ソワレ 『紫陽花河原恋顛末~夜明けの物語~』

演劇全般
この記事は約4分で読めます。
ゆうき
ゆうき

久しぶりのマチソワ!

日時:2014年11月27日ソワレ公演
場所:シアターグリーンBOX in BOX

観劇の感想・考察

気になったポイントの感想などを書いています。

長吉:柳瀬大輔
治兵衛:今村洋一
小春:上田亜希子
お三:五十嵐可絵
米八:田村耕一
吉兵衛:小川信太郎
九平次:岡田基哉
お光:浜田えり子
お雪:上田郁代
徳兵衛:高畑岬
お初:山田志保
抱え主:原真礼
清:大部恭平
お佐和:熊澤沙穂
おきよ:高田亜矢子
おかか:千葉ミハル
三五郎:星達也
貫太郎:鎌田淳一

知り合いの方が誘ってくださって観に行きました。
柳瀬さん観たかったんだ~。
だから今回観ることが出来て本当嬉しかったです。
しかも柳瀬さんだけでなく他にも元四季の方が数名いて…。
高畑岬くんもいてびっくりです(笑)

内容は江戸時代。
時代物って凄くお堅いイメージがあったけど…。
まあ、色々と酷かったです(褒めてる)

もうこんなに舞台で笑ったの久しぶりな気が…。
腹筋崩壊するかと思ってやばかったです(笑)

治兵衛とお三は許嫁同士。
しかし治兵衛には他に好きな人がいました。
それが、遊郭で遊女として働く小春でした。
二人は恋仲で、この二人を軸に物語は展開していきます。

遊郭の世界や友人の裏切りなど、色々なものが描かれていました。
想像以上に面白くて素敵な舞台でした。

とりあえず衝撃的なのは吉兵衛役の小川さん。
この方がもうとにかく面白すぎました(笑)

インチキ占い師として町で有名な吉兵衛。
そんな彼の元へ柳瀬さん演じる長吉が訪問します。
多分ここのやりとりは毎回アドリブなんでしょうね(笑)
小川さんがもうやりたい放題(笑)

突然客席に赴くと一人を引っ張り出して舞台上にあげます。
そして自分は最前の空いてる席に座り。
何が始まるかと思えば…。

「ノープランです」

これはひどい(笑)
舞台上にあげられてたお客さんもかなり苦笑してましたというか困惑してました(笑)
柳瀬さんもきっと予想外のことだったんだと思いますが困惑してました(笑)

結局何をさせるわけでもなく客席に返してあげる小川さん。
ちょうどその時持っていたみかんをお客さんに渡してました(笑)

こんな感じでとにかく自由にやりまくってました小川さん。
小川さんとやりとりをする柳瀬さんも一生懸命笑いをこらえてて…(笑)
もう面白すぎて腹筋が死にかけましたよ(笑)

だいたい小川さんが出てくるシーンでは笑いが起きまくってましたね。
もう本当面白すぎるんですよ小川さんが(笑)

と、そんなコミカルなシーンもありつつ。
シリアスなシーンもたくさんあり。

治兵衛がお三の父親からもらった結婚祝い?のお金を友人に取られてしまうのです。
友人に裏切られ、挙句の果てに罪人扱いされる治兵衛。
一気にどん底に追いやられます。

そんな治兵衛を心配するお三。
長吉はそんなお三を励まします。
長吉とお三は幼馴染らしく、とても仲が良かったみたいです。
そして…実は二人とも惹かれあっていたんです。
治兵衛がどん底に追いやられてる間、この二人が逆に結ばれます(笑)

一方治兵衛は小春に、心中してくれることを提案します。
小春は好きな人と一緒に死ねるなら本望とばかりに承諾します。

そのことを遊郭の2番手のお光に打ち明けます。
遊郭を抜け出すにはお光の力が必要と小春はお光を説得させます。
ここでのやりとりは本当に圧巻でした。
凄く胸にジーンと来てしまいました。
お光役の浜田さんも涙を流していました。

そして無事ばれずに遊郭を抜け出した小春は治兵衛と落ち合います。
二人は心中するために河原にやってきます。
刃物を出し、いざ死のうとした時。

長吉たちがやってきます。
そして、治兵衛の罪が晴れたことを明かし、二人は死ぬ必要がないと宣言します。
治兵衛と小春は喜び抱き合い、無事に生きて共に過ごすことを決めました。

という完全ネタバレ感想でした。
感想にもなってないか(笑)

本当凄く面白くて、キャストも元四季さん多いから見所たくさんあって。
行って良かったなぁって思いました。

たまには四季以外の作品を観てみるのも新鮮でいいですね。
凄く充実した1日を過ごすことが出来ました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました