2014年12月24日マチネ 劇団四季『マンマ・ミーア!』

マンマ・ミーア!
この記事は約3分で読めます。
ゆうき
ゆうき

クリスマスイブ観劇!

日時:2014年12月24日マチネ公演
場所:四季劇場[秋]
座席:1階S席3列16番

はじめに

久しぶりのマンマS席。
2列目センターでの観劇となりました。
しかも隣が偶然にもフォロワーさんでした(笑)

ということでとりあえずキャストの感想から。

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

ドナ:井上智恵

やっぱり智恵さん好きだなぁ。
「私本当にバカだったわ」までの流れる感じが面白いです。
途中ちょっと噛みかけたけどなんとか持ち直して素晴らしい演技を観せてくれました。
男前でかっこいいけど、可愛らしい一面が垣間見えるとそのギャップにやられます。
智恵ドナも凄く感情がはっきり出るから分かりやすくて、面白いです。
細かい演技とかも凄く面白くて素晴らしいです。

ソフィ:岡本瑞恵

今回もとても素晴らしかったです。
本当に可愛くてほっとけない女性だなぁと感じました。
Slippingでの「誇りに思っているわ、ママを」のセリフが涙声。
こういった感情がすぐに表面に出るあたりも年頃の女の子らしさがあって好きです。
なんと今日から新ソフィが誕生したということで。
9月中旬よりずっとソフィを演じてきましたね。
本当にお疲れ様でした!
アラジンでのジャスミン役、凄く楽しみにしています。

ターニャ:八重沢真美/ロージー:久居史子

オフマイクのセリフ聴けると面白いですね。
八重沢さんのオフマイク率高くて本当面白かったです。
帽子投げるのもしっかり決まっていてさすがです(笑)
久居さんはやっぱり若いですよね~。
可愛いです久居さん。

サム・カーマイケル:阿久津陽一郎

今回も絶好調でした(笑)
「ちょっと待ってぇ、ドナが招待したんじゃないって?」
「はぁ~い」
の言い方がもう最高でした(笑)
ここ最近は観るたび毎回違う演技をしていてかなり笑っちゃいます。
だからこその2幕の演技が凄くギャップがあって好きです。

ハリー:明戸信吾/ビル:脇坂真人

本当明戸さんも面白いけど、ドナとのやりとりに優しさが感じられるのが好きです。
OLSの明戸さんはやっぱり観ていて和みます。
脇坂さんはやっぱりなんか喋り方が苦手かも(笑)

スカイ:玉城任

おなかがぷにぷに。

まとめ

ちなみにOLS。
ハリーがドナの鼻をちょんと触って、ドナが笑いながらハリーの肩に頭を乗せ。
そんなドナをハリーが抱き寄せるというやりとりをしてました。
もう智恵ドナと明戸ハリーのこのやりとり本当ほっこりする。

ということで、今回はクリスマスカーテンコールあり!

曲は「ジングルベル」。
英語歌詞でアカペラというかっこよさ。
1番をダイナモスが、2番をダディーズが歌っていました。
カテコ前にダイナモスによるアナウンスもあり。
コントみたいでかなり面白かったです(笑)
「ご来場の淑女のみなさま!…なーんてここにはひとりもいn」
「ちょっと!今日はちらほらいるみたいよ」
とかいうやりとりがありました(笑)

本当素敵なクリカテでした!
マンマは今回で年内見納め。

また来年たくさん行きたいです\(^^)/
本当に大好きな作品になりました!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました