【観劇】2022年の総括&2023年の抱負




日常ブログ
この記事は約12分で読めます。

2022年もあっという間に最終日!この1年は私にとってたくさんの変化があった年でもありました。それに伴い観劇スタンスも大きく変わりましたけど、相変わらず岡村美南さんを全力で応援するファンを続けることはできたので、この1年の観劇活動も含めて総括していきます。

2022年最後のブログとなりますが、ぜひ最後までご覧ください!




2022年の観劇まとめ

まずは今年1年の観劇について見ていきます。

1/7昼 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
1/8昼 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
1/8夜 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
1/9昼 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
1/10昼 東京 劇団四季『オペラ座の怪人』(千穐楽)
1/14昼 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
1/15昼 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
1/15夜 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
1/16昼 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
1/22夜 東京 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』
2/11昼 東京 『ボディガード』
2/23昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(初日)★
2/27昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/5昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/5夜 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/6昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/8夜 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/10昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/12昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/12夜 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/13昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/19昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/19夜 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/20昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
3/21昼 京都 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
5/31夜 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/3昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/5昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/9昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/14夜 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/17昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/18昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/18夜 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/19昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/24昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/25夜 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
6/28夜 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
7/2昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
7/2夜 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
7/3昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
7/17夜 東京 『ミュージカル・ガラ・コンサート~10th Anniversary~』
7/27昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
7/29昼 横浜 劇団四季『ノートルダムの鐘』★
9/16夜 金沢 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
9/17昼 金沢 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
9/18夜 富山 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
10/1昼 清水 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
10/3夜 福岡 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
10/4昼 福岡 劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』★
10/26昼 舞浜 劇団四季『美女と野獣』
12/4昼 東京 劇団☆新感線『薔薇とサムライ2』

以上です。2022年の観劇回数は51回で、去年より18回少ないという結果でした。内訳は以下の通りです。

■劇団四季
『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(東京9回/京都14回/全国6回)29回
『ノートルダムの鐘』17回
『オペラ座の怪人』1回
『美女と野獣』1回

計…48回

■岡村美南さん
『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(東京8回/京都14回/全国6回)28回
『ノートルダムの鐘』17回

計…45回

■その他
『ボディガード』1回
『ミュージカル・ガラ・コンサート~10th Anniversary~』1回
劇団☆新感線『薔薇とサムライ2』1回

計…3回

毎年そうですけど、今年は特に岡村美南さんに集中して観劇していた1年でした。今年こそ岡村美南さんを50回観るぞ!と思っていたのですが、あと5回…。惜しかったです。『ヘアスプレー』や『エリザベート』など観たかった公演もたくさんあったのですが、残念ながらお金もチケットもなく観に行けなかったのが心残りです。でも、岡村美南さんを応援するという意味では非常に充実した1年だったので、私としては大満足な1年でした!

今年も例年のごとく、2022年における個人的なトピックを3つ書いていきます。

岡村美南さんの新役デビュー

2022年一番のトピックは、岡村美南さんのエイミー役デビューを見届けられたことです。『ロボット・イン・ザ・ガーデン』東京公演の2022年1月7日に岡村さんがエイミー役として初めて舞台に立たれ、その日の朝までキャストが未定の状態でドキドキしながら待機していたので、無事に見届けられたことが幸せでした。

鳥原ゆきみさんのエイミーとはまったく違う雰囲気の演じ方で、岡村美南さんらしいエイミーがすでに出来上がっていて感動したのを今でも覚えています。同じくベン役でデビューした山下啓太さんとの掛け合いも息ピッタリで、若夫婦ならではの苦労とかたくさんあるんだろうなぁっていうのが伝わってくるチェンバーズ夫妻でした。

東京公演、京都公演、全国公演と計28回見届けられたことも幸せでした。その中には岡村美南さんの地元である富山公演も含まれていて、岡村さんファンとしては地元公演を観劇できたことも素敵な思い出になっています。

公演を重ねるたびにエイミーとして、妻として、母として成長していく岡村美南さんのお芝居する姿は凄く胸にグッとくるものがありました。年齢を重ねていくごとに演じていく役もだんだん大人の女性としての魅力を持ったキャラクターが増えてきたので、私としても岡村さんの新たな一面を見届けていけることが凄く嬉しかったです。今考えても、エイミーという役は岡村さんにピッタリでした。改めて、デビューおめでとうございました!

岡村美南さん通算200回観劇

私事ですが、2022年6月19日に岡村美南さん観劇通算200回を迎えました。私が初めて岡村美南さんを観たのが2010年5月30日。そこからファンになるまで4年かかっているし、ファンになってからも観劇できなかった日々があったのでブランクはあるものの、初めて観た日から約12年間。岡村美南さんのお芝居を劇場で200回観たんだなぁ…と思うと、凄く充実した日々だったなと思いました。

唯一生で観られていないのが『夢から醒めた夢』のピコ役だけなので、これだけは心残りです。でも、今思い返せばエルファバ、ポリー、アニタ、ジェリロ&グリドル、エスメラルダ、マイロ、ドナ、エイミーと色んな役を観られたのですっごく充実していました。

学生の頃はC席やバルコニー席など安い席で観劇していたものですが、社会人になってからは9割以上S席で観劇しているので、計どれくらい使ったんだろうなぁ…って考えると恐ろしいです。でも、チケット代以上の価値のある思い出をたくさんもらえた日々だったので、本当に幸せです。

そして200回という数字はあくまで通過点に過ぎないので、これからも300回、500回、1000回…と見届けられたらなぁと思います。2023年も岡村美南さんを応援できそうなので、引き続き全力でファンとして岡村さんのお芝居を客席から見届けていきたいです。

念願の初・天海祐希さん観劇

2022年の大きな収穫として、念願の天海祐希さんを初めて生で観られたことも挙げられます。天海祐希さんが素敵な方だということはドラマや映画でも知っていましたけど、映像で劇団☆新感線の『薔薇とサムライ』を観ていてすっごくかっこいいなと思っていたので、いつか生で拝見したいと思っていました。そしたらまさかの薔薇サムの続編が今年やるということで、無事にチケットを譲ってもらえて観に行くことができたので嬉しかったです。

ずっと生で観てみたいと思っていた俳優さんってたくさんいますけど、こんなにも華があってかっこいい人がいるんだ…と衝撃を受けたのは天海さんが初めてかもしれません。それくらい衝撃的でした。すっごくかっこよかったし、舞台人としてたくさんの魅力がある人だなぁ…というのを肌で感じられました。

その後、12月15日には天海さんと友近、ずん・飯尾さんの即興劇イベントも観てきて、アドリブもコメディもいけちゃうオールマイティな天海さんを知って、さらに好きになりました。55歳とは思えないバイタリティと人を惹きつける魅力を持っていて、本当に素敵な人でした。今後も天海さんが舞台に出演されるとなったときはぜひ観に行きたいです!

2022年の観劇以外のこと

2022年は観劇以外だとドラマに夢中な1年でした。2021年の総括記事でも『ドクターX』にハマっているという話を書いているのですが、今年もその熱が続いていました。たくさん絵も描いたしドラマの聖地巡礼もしたしドラマの界隈の人と一緒にご飯も食べたし…、去年よりもさらに楽しく活動できたのが楽しかったです。

ドラマは家にいながらお金かけずに楽しめるエンタメだから、観劇をお休みしている期間に満喫するにはピッタリでした。今年もたくさんの面白いドラマに出会えて最高でした。

個人的には、Twitterに投稿した『ドクターX』の絵が万バズしたのが凄く嬉しかったです。絵でこんなにバズったのは初めてだったので、このときは通知止まらなくてビックリしました(笑)


これからもこの垢で絵は描いていくので、興味がある方がいましたらぜひ見てやってください!

そして、何より一番の変化は私が会社を辞めてフリーランスになったことです。初めてのことで何も分からないながらも、なんとかやってきた半年間でした。今のところは新規でクライアントを見つけて契約を取ってくるというよりも、前職のツテで仕事をもらうことがほとんどだったので、非常にやりやすかったです。最初のほうはなかなか稼げませんでしたけど、自分のペースも分かるようになってきて稼げるようになってきました。あとは記帳がね、まだ理解できなくて全然分からないですけど(笑)

でも、おかげさまで自分で好きなように休んで仕事できるので、全国公演も回ることができました。この先どうしていくかは未定ですが、自分なりにやりたいことの優先順位をつけながら、人生楽しく生きていきたいと思います!あとは初めての確定申告も頑張ります…!

2023年の抱負

最後に2023年の抱負を書いていきます。

自分の大切なものを大切にする

これまで、「今」を大切にするということをモットーとして活動してきました。その気持ちは今も変わらないのですが、来年は「今」というよりも「自分の大切なもの」を大切にしていこうと、さらに広義的に考えて活動していきたいと思っています。というのも、2023年には私は30歳を迎えます。親の老後のことを考え始める時期でもあって、自分の人生は自分のものだけど同時に親のことも大切にしていきたいな~って実家に帰ったときに感じました。老後どれくらいお金が必要なのかはよく分かりませんが、自分の老後というよりも親の老後のためにもお金が必要だし、そうなると貯金もしていかないといけないなーって考えたわけです。

だから、自分にとって大切なものを大切にするために、何をすべきなのかを考えながら生きていくことも重要なんだなとようやく気付けた29歳の始まりでした。人間、若い頃は後先考えずに突っ走れるものですが、30歳を目前にするとこの先のことを考えて慎重になってしまったり決断したりしなければならないことが多く、すでにもう雁字搦めです。歳を重ねれば重ねるほど、そういったことはどんどん増えていくんだと思います。

フリーランスだから収入も安定しないし、正直課題は山積みです。だからこそ、自分にとって本当に大切なものって何なんだろう?ということを考えながら、生きていきたいと思います。自分の大切なものには、自分自身も含まれるので、自分を大切にしながら自分にとって大切なものも大切にして生きていけるよう、30歳を迎える準備を進めていきたいです。

岡村美南さんを全力で応援するファンでいる

毎年恒例の抱負です。2023年も岡村美南さんを全力で応援していきたいと思っています。すでに、岡村さんは『クレイジー・フォー・ユー』横浜公演への出演がほぼ確定しているので来年はCFYに染まりっぱなしの1年になりそうです。しかも、アイリーン!新役デビューです。楽しみだね。来年も全国公演があるからね、お金貯めとかないとです。

いつまでいてくれるのか分からないし、観られるときに観る。応援できるときに応援するというスタンスは変わりません。彼女が舞台に立ち続けてくれるなら、私も客席から見守り続けます。こんなにも自分の人生をかけて応援したいと思える人に出会えたことが本当に幸せです。2023年も岡村美南さんでいっぱいの充実した1年にしていきたいと思います!

まとめ

2022年は私にとって、フリーランスになるという大きな決断をした1年でした。それに伴って観劇スタイルも大きく変わり、収入が安定しないために岡村美南さんが出演していない演目については自由に観劇できるほどの金銭的余裕はありませんでした。観劇回数が大きく減ったのもそれが理由の1つです。

ただし、自分でやると決めたからにはやらなくちゃいけないし、税金周りも絡んでくるので逃げることもできないんですよね。自分がやるしかない。なので、凄く苦しかったし泣きたくなったことも多々ありましたが、ある意味強くなれた1年でした。

たくさんの人に助けてもらって相談に乗ってもらって、つらいこと苦しかったことたくさんあったけど、なんとか乗り越えることができた1年でした。20代最後の1年としても、大きく成長できた気がします。これからも自分がどう生きていきたいのかを考えながら、自分らしく楽しく生きていきたいです。

2023年が自分にとっても岡村美南さんにとっても皆さんにとっても、良き1年となりますように。この1年間、ブログを読んでくださったすべての皆様、本当にありがとうございました!

素敵な1年をお迎えください。来年もよろしくお願いします!

6

コメント

タイトルとURLをコピーしました