2014年12月21日マチネ 劇団四季『FESTIVAL! 扉の向こうへ』

FESTIVAL!扉の向こうへ
この記事は約10分で読めます。
ゆうき
ゆうき

My初日!

日時:2014年12月21日マチネ公演
場所:電通四季劇場[海]
座席:1階S席3列21番

はじめに

ソンダン系演目なんて55steps以来行ってなかったから4年ぶりでした。
55stepsはなんだかんだ凄く面白かったなぁ…というのを思い返してみたりして。
今回はどんな風になってるんだろうとわくわくドキドキしておりました。

ということでMy初日となった四季フェス。
なんと席が…最前列ドセン(21番)でした…。

どちらにしても初日はマンマ取ってたから行けねえと思って先行で2日目を狙い。
見事にこの席が取れて…そしてようやくこの日が来ました。
自力で最前取れたのは初だったので嬉しかったです。

実際この席座ったらもう近くて…。
というか舞台が前方にせり出してたので余計に近かったです。
さて、どのようにレポしていこうか…。

正直あんまり覚えてない曲とかもあるから全部は書けないので…。
とりあえずセトリと誰が何歌ったか、だけでも。

【1幕】
1、オーヴァチュア
2、ハレルヤ
3、音楽をありがとう
4、ようこそ劇場へ
5、街の絵描き
6、口笛バレエ
7、『赤毛のアン』メドレー
8、ブルーなブルース
9、どうして
10、心の奥を見つめてごらん
11、心から心へ
12、二人は永遠に
13、パパのかわいい天使
14、アントラクト
15、ハンニバル
16、スィンク・オブ・ミー
17、墓場にて
18、恋してる
19、ラブ・チェンジズ・エブリシング
20、パリの縁日
21、エニー・ドリーム・ウィル・ドゥ
22、彼らの心は天国に
23、やりなおすことはできないのか
24、スーパースター

【2幕】
1、オーヴァーチュア
2、フレンド・ライク・ミー
3、ホール・ニュー・ワールド
4、夜の女王
5、幕をあける歌
6、朝の報告
7、愛を感じて
8、フレンチ・バイディン
9、サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー
10、シャル・ウィ・ダンス?
11、一歩ずつ
12、『キャッツ』メドレー
13、美女と野獣
14、アンダー・ザ・シー
15、自由を求めて
16、ビー アワ ゲスト(おもてなし)
17、サークル・オブ・ライフ
18、さよなら またね

誰が歌ったかとかは分かったら追加していきます…。

今回も思ったけど、ソンダンは光の演出が上手いなぁと思います。
とても感動しました。

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

味方隆司

もう4年ぶり…いや5年ぶりくらい?
やっぱり味方さん素敵ですね。
主にMCとしてこの舞台を進めていきました。
UTSの時とか舞台装置にぶらさがってたりして可愛らしい一面も。

瀧山久志

恐らく初見だと思います。
とても上手でした。
ジーニー役が本当に楽しみです。

上川一哉

目が凄く茶色いんだなぁ…とまじまじと見てしまいました(笑)
本当甘ったるい歌声してますね。

飯田達郎

結構出番があった印象。
とても上手でした。

芝清道

きーよーみーちぃ!
芝さんも本当お久しぶりです!
大好きなので観ることが出来て嬉しかったなぁ。

岡村美南

以前ウィキッドで観た時に気になっていたんですが。
やはりとても素敵ですね。
凄く細くてスラッとしていて美しかったです。
これからぜひ応援していきたい人です。
ちなみに55でも岡村さん拝見しているそうです私。

雅原慶

もう…本当に今回ありがとうございました…。
っていうくらいにレスをいただきました。
Thank Youの時のあれは本当にドッキドキしました。
あの席に座っているせいですけど。
歌ももちろんお上手で迫力もあって素敵でした。

山本紗衣

とても綺麗な歌声ですね。
ぜひクリスティーヌで観たいなぁと思いました。

吉田絢香

正直名前も聞くの初めてです…。
が、凄く上手でした!
これからどんな風に活躍していくのか注目していきたいです!

ダンスパートの方もひとりひとり感想書いてけないので…(笑)
とにかく加藤久美子さんがやっぱりかっこいい!

観劇の感想・考察

気になったポイントの感想などを書いています。

オーヴァチュア

ウィキッドやキャッツなど様々な演目のオーヴァチュアが混ざってました。
そして幕にFESTIVALのロゴが映し出されていました。
今回の演出として、何かを映し出すのがとても多かった気がします。

ハレルヤ

岡村さんがセンターから登場。
あの照明の当たり方がとてもかっこよかったなぁ。

音楽をありがとう

ここで味方さんのThank You聴けちゃうとは思わなかったです。
ぜひハリーで観たいのですが…。
そしてここでは全員が手話を使いながら歌っていましたね。
味方さんと雅原さんの挨拶もあり。
ここでちょっとドキドキすることがありまして…。
センターに立っていたのは雅原さん。
なので雅原さんをずっと観ていたのですが。
色んな方向に視線を向けていたのが、途中から最後の方ずっと目が合っていて…(笑)
ニコッと微笑まれて手話を向けてやってくれました。
さすがにこれにはドキドキしました(笑)

二人は永遠に

岡村さんと上川さん…ウィキッドで観たペアですね。
なのでなんとなく懐かしさもあり。
岡村さんが真っ赤な衣装で登場しました。
とても色っぽくて素敵でした。
そして上川さんの表情がこれまた色っぽい。

パパのかわいい天使

これってアースラの歌でいいのかな?
雅原さんのアースラもなかなか似合ってて素敵でした。
途中私の前にスタッフさん?が来て雅原さんにアオリで照明を当てて。
とても素敵な表情でした雅原さん…(震え声)
あれをアオリで観たらなかなか迫力があります…。

恋してる

厂ちゃんフランダー。
つなぎ着てモップだっけ?持って。
女性ダンサーさんたちの生着替え?がドキドキでしたヨ。
加藤久美子さんがやっぱりかっこいい。

ラブ・チェンジズ・エブリシング

飯田さん、芝さん、上川さん。
飯田さんが歌いだす→あ、石丸さんっぽいかも…
芝さんが歌いだす→お、おう…芝さんだ
上川さんが歌いだす→甘ったるい…

パリの縁日

これ野球やってますね皆さん。
そしてここで連れ去りが!
私の2つ隣の席の男性が連れ去られてました。
バッターボックスに立たされバッドを持たされ。
そしてピッチャーとバッターにピンスポが当てられ。
ピッチャーがボールを投げます…。
ボールに紐がついてて、バッターのところまでゆっくり飛んでいきます。
そして最後の方は味方さんがボールを持って。
バッターの目の前にボールを動かし…。
お客さんがバッドを振るとホームラン!
ベースを踏んで三塁ベースのところでキャストの方と記念撮影(笑)
この演出には本当笑いました(笑)
これは面白かったです。

エニー・ドリーム・ウィル・ドゥ

上川さんが歌ってるやつですね。
スクリーンやら一面に青空が映り、とても爽やかな感じです。
上川さんと女性キャストの方々のアイコンタクトがとても素敵でした。

スーパースター

これ55stepsでもやってましたね!同じ演出で。
とても懐かしくて…うわああってなってました・゜・(ノД`)・゜・
芝さんのスーパースターは本当かっこいいですね。
もう…女性陣が色っぽい…。

フレンド・ライク・ミー

2幕はアラジンの楽曲から3曲続けて。
これはジーニー役にも抜擢された瀧山さんが歌ってました。
とても素敵でした。
凄く彼のジーニーが楽しみになりました。

ホール・ニュー・ワールド

上川さんと山本さん?
スモッグがたかれ、とても幻想的な演出となっていました。
上川さんやっぱり歌声甘ったるい…。

夜の女王

雅原さんの衣装が紅白の小林幸子。
ここで赤、緑、黄の扉が登場。
客席からどれかを指定してもらうと、その曲が次の曲になるそうで。
今回は黄色を選びました。

幕をあける歌

日替わり曲前にこの曲。
手拍子の練習などもしました。
味方さんと吉田さん。
吉田さんってとても歌がお上手なんですね。

朝の報告

日替わり曲はこの曲でした!
瀧山さんが歌い始め…。
会社っぽく、デスクに座る瀧山さん。
そこへ朝の報告をしに来る男性社員たち。
あの早口の部分をひとりひとり報告していきます。
そのあと女性社員たちもご報告。
これは見ていてとても楽しかったです!

愛を感じて

またまた上川さん。そして吉田さん。
上川さんのシンバは貴重だったので良かったです。

スラップ・ザット・ベース

きたああCFYの曲たち。
もう嬉しくて嬉しくてわくわくしてました。

サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー

この曲大好きなんですよねぇ。
CFYのポリーのソロ曲全部好きなので聴けて嬉しかった。
そしてこれを歌ったのが岡村さん。
多分来そうですね。
ドレスを着て舞台装置上方から登場。
階段を降りてセンター前方にやってくる演出なのですが。
タイトドレスっていうのかな?
とにかくドレスのせいで歩幅が狭くて…(笑)
なかなか階段降りるのに苦戦してて。
ドレスの裾を引っ張り上げて、踏み出す足を変えたりして。
ゆっくりゆっくり一生懸命階段降りる姿が凄く可愛かったです(笑)

シャル・ウィ・ダンス?

松島ボビーきますねぇ…多分。
よりCFYが楽しみになりました!!

キャッツメドレー

オーヴァーチュア/スキンブルシャンクス/ミストフェリーズ/メモリー。
スキンボは瀧山さんと厂ちゃん。
とても可愛らしい演出でした。
ここだったかな?
岡村さんともうひとり忘れちゃったんですけど…。
せり出してる階段に降りてきて。
フルーツバスケットを持っていて、それを客席の方に向けるように手を伸ばすんです。
その時に岡村さんとがっつり目が合いまして…。
微笑まれました。
もう…本当にドキドキするんでやめてください…きゅんとします。
ミストの松島さんはさすがですよねぇ。
雅原さんのメモリーはとても素敵でした。
メモリーの演出も55と同じでしたね。

アンダー・ザ・シー

味方さんのセバスチャン素敵でした!
ここでは楽器を演奏するキャストの皆さん。
55の時にも何かの曲で楽器演奏やってましたよね。
なんの曲だったっけ。
これは本当に圧巻でした!

自由を求めて

まさかここで雅原さんのDGが聴けるとは。
地上で歌ってる分安定感もあって、凄く迫力がありました。
本当に素敵でした雅原さん。

ビー アワ ゲスト(おもてなし)

55と同じ演出。
やっぱり懐かしくて感動しました。
幕が開いてみんなが顔をあげる瞬間。
ちょっと岡村さんがフライングしてました(笑)
でも本当この曲の演出好きなので観れて嬉しかったです。

ということでここで全員が登場して軽いカーテンコール。
『ホール・ニュー・ワールド』に乗せて。

サークル・オブ・ライフ

雅原さんのラフィキも圧巻だった。
本当にかっこよかった。
この曲を全員で歌い上げるビジョンがたまらなく迫力満点でした。
そしてまた雅原さんに見られ微笑まれる…。

さよなら またね

手を振ってはけていく出演者たち。
ああ、終わってしまうんだ…と寂しい気持ちになりました。

追加カテコは3回くらいあったんじゃないかな?
スタンディングオベーションです。

まとめ

と、初見というのもあり色々とまだまだ見切れてないです。
とても楽しかったのでまた行きたいですね。
でも行けるなら最前がいいな、やっぱり(笑)

正直な感想を言ってしまうと。
作品としては55のが面白かったし、1つの物語がある作品の方がいいかなぁ。
でもキャストに贔屓の方がいたり、今回みたいに最前で観たり…。
そんな見方があるとより面白いのかなって思いました。
私もとても楽しませていただきました。
でも、ある意味持ち役の曲を歌うのが多くて。
ソンダンでしか観られない組み合わせとか持ち役以外の曲を歌ってるのとか。
そういうのが楽しみの一つでもあるので、そういうのがもっとあったら良かったなぁなんて。

そういや、パンフにちゃみさんの名前載ってるから…。
ちゃみさんがキャスティングされたらきっと通ってしまう…。

あ、あと咲子さんも今日フェス来てたみたい(笑)
咲子さん四季好きだったんだね。
またいつか握手会で色々お話したい。

ということで、とりあえずざっくりですがこんな感じです。
とにかく楽しかったです!
多分あんな素敵な席で観れるなんてこともうないと思うので…。
本当に幸せな2時間を過ごせました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました