2014年12月20日マチネ 劇団四季『マンマ・ミーア!』

マンマ・ミーア!
この記事は約4分で読めます。
ゆうき
ゆうき

今週風邪ひいてしまい…病み上がりです!

日時:2014年12月20日マチネ公演
場所:四季劇場[秋]
座席:3階バルコニー席1列16番

はじめに

本当は今週の水曜行くつもりだったんですけど風邪をひいてお譲りしました。
なのでなんだかんだ1週間ぶりのマンマでした~。
安定のバルコニー。
偶然にも隣がフォロワーさんでした(笑)

今日は四季フェスの初日でもあったのでほとんどのフォロワーさんがそちらに。
私は明日行きます。

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

ドナ:井上智恵

さすが智恵さんだなぁ…と毎回思ってしまうくらいに素敵。
演技はもちろんお上手だし、いろんな引き出しがあるし。
「地元の女の子の結婚式があるから!」でぴょんぴょん跳ねる感じとか。
たまにお茶目な姿も見ることが出来てたまらんです。
ダンスがかなり苦手そうなのは伝わってくるけど、それすら愛しい(笑)
男前だけどときに可愛い一面もあって、ずるい。

ソフィ:岡本瑞恵

本当ずいぶんと連投してますが今回も素敵な歌声とお芝居をしていました。
「・・・って、えっちよぉ」の言い方が毎回素敵ですね(殴)
ロージーに「綺麗になるのね」と言われた時の反応は口元に手をやって照れる感じ。
Super Trouperでは智恵ドナの胸元や襟元をいじいじ。
最初に観た時よりも智恵さんとの距離縮まったような気もします。
本当に彼女のソフィは可愛くて仕方がない!

ターニャ:八重沢真美/ロージー:久居史子

今回とにかく八重沢さんの小芝居が面白かったです(笑)
なんか面白いなぁって思ったの結構あったんだけど忘れてしまった…。
そしてブーケトスがかなり後ろの方に行ってしまい…。
さすがの八重沢さんでもキャッチ出来ませんでした。
ということでロージーとの投げ合いはなし。
久居さんも観るたびに好きになる。
もうなんか可愛いですよね。
Take A Chanceの時の野獣の眼(笑)

サム・カーマイケル:阿久津陽一郎

「僕は近くに用があって!ちょっ…と…立ち…よ…っ…た…」
という感じにビル、ハリーに続いて冗談っぽく言い出したのにドナの表情見てだんだん弱気になっていく言い方でした。
もう本当阿久津さんのサムが面白い(笑)
「僕のバグパイプ!ずっと持っててくれたんだ!」
凄く驚いた感じに言っててとても良かったです。
「僕たちが結婚しよう!」
なんかあの流れでいうから非常にネタっぽく聞こえる(笑)

ハリー:明戸信吾/ビル:脇坂真人

明戸さんに関してはもう本当に見守ってます(笑)
ブレヴでの安定の謎の動きとかね…笑ってしまうんです、つい…。
脇坂さんはなんか走り方が変(笑)

スカイ:玉城任

なんとリターンですね!
でも前回よりはちょっと良くなったような気もします。
そして玉城さんも走り方が変(笑)

観劇の感想・考察

気になったポイントの感想などを書いています。

Our Last Summer

クロワッサンはお馴染みの手打ち食い。
最後はドナの隣に座る明戸ハリーですが…。
いつになく近い(笑)
そして座る時に腰を智恵ドナの腰にドンと当てる感じに座り。
智恵ドナが笑いながらハリーの肩に腕を回し。
ハリーもドナの肩に腕を回して。
二人して笑い合いながら何かを喋っていて。
その時に明戸さんがお腹さすってたんですよ(笑)
何喋ってたんだろー、バルコニーじゃ聞き取れなかったです。

でもこういったやりとりが復活して嬉しいですね。

Slipping

ドレスを持って入ってきたソフィ。
その姿を見て「それがドレス?素敵ね」というドナ。
この時、なんというか戸惑うというか気まずそうというか。
いつになく動揺している感が出ていました。
からの「ママが着せてくれる?」のソフィの言葉を受けてのドナの表情。
本当に智恵さんの演技力に感動しました。

まとめ

とりあえず今回はこんな感じかなー?
多分もっと色々あったんだけどやっぱり思い出せない(笑)
記憶力良くなりたいです。

さて、書いてるうちに日付が変わっていた…。
四季フェスも楽しみだなぁ。
久しぶりの最前なので、色々としっかり観てきたいと思います。

マンマはクリスマスイブにまた!
年内最後のマンマです!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました