2014年12月10日マチネ 劇団四季『マンマ・ミーア!』

マンマ・ミーア!
この記事は約6分で読めます。
ゆうき
ゆうき

ついにあのドナが帰ってきた…!

日時:2014年12月10日マチネ公演
場所:四季劇場[秋]
座席:1階A席12列4番

はじめに

智恵さーん!お久しぶりです!
智恵さんがドナを演じるのってもう何年ぶり…。
私が以前四季を好きだった時にちょうどアルプとかに智恵ドナが載ってて。
だから凄く智恵ドナのイメージはとても強かったです。

最近まったく名前を見かけなかったから退団してしまったかと思った。
でも、こうやってまた拝見出来るのが嬉しかったです。

智恵ドナを観た方たちの感想を見てたらもう気になって気になって…。
百聞は一見に如かず!
急遽チケットを取って観に行ってまいりました。

もうほとんど残席なくてバルコニーとかは団体で埋まっちゃってたから…。
とりあえず観れればいいやと思って下手のA席で。

結構見切れましたが、いつもと違った角度で観れて楽しかったです。

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

ドナ:井上智恵

もう…とにかく男前なドナでした。
常に仁王立ちだったり、さばさばしてる感じがあってとても良かったです。
一方でターニャとロージーと再会した時に凄く喜んでいたり。
また一方でダディーズとの再会では物凄く嫌な感じが伝わってきたり。
なんというか、やっぱり智恵さんさすがでした。
樋口ドナや江畑ドナとはまったく違ったドナになっていました。
智恵さんってクリスティーヌやマリアや、ソプラノ系のイメージでしたが。
マネマネではドスの利いた歌声披露してくれたり。
また違った一面の智恵さんを見ることが出来た気がします。

ソフィ:岡本瑞恵

前回かなり不調だったため、今週は大丈夫かなぁなんて思いつつ。
今回は絶好調でした。
ロージーに「あなた、会うたびますます綺麗になるのね」って言われたあとの反応。
口元に手を当てて喜ぶというか照れるというか。
そういう仕草が本当に可愛い!
智恵さんと組むのは初でしょうし、もっと回数を重ねてより仲良くなっていってほしいですね♪

ターニャ:八重沢真美/ロージー:久居史子

再び八重沢ターニャ降臨。
やっぱり八重沢さんのターニャはなんかいいですね!
光川さんのターニャも回を追うごとに好きになるんですけど。
でも八重沢さんのターニャはやっぱり貫禄ある(笑)
久居さんも本当可愛い…。
ちなみに今回八重沢さん、帽子投げるの失敗でした(笑)

サム・カーマイケル:阿久津陽一郎

今回はがっつり笑わせにきましたね(笑)
序盤のドナとのやり取りは本当面白かったです。
智恵さんともアイーダとかで共演してますしね。
「僕は近くに用があってちょっと立ち寄った」っていうセリフ。
「僕は近くに用があって」をちょっと高めの声で。
「ちょっと立ち寄った」を低いトーンでイケボで言うものですからもう腹筋崩壊(笑)
でも、2幕終盤でドナに向けて言う「離婚したんだ」というセリフは今回が一番好きでした。
凄くかっこよかった!

ハリー:明戸信吾/ビル:脇坂真人

もう…なんというか面白いです(笑)
明戸さんはもうなんともいえない愛らしさがあって…。
脇坂さんも(あんまり好きじゃないけど)なんだかんだ面白かったです今回。

スカイ:鈴木涼太

玉城さんの時よりソフィとのキスが長い(笑)

観劇の感想・考察

とりあえず智恵ドナに関しては書きたいことたくさんあるので…。
曲ごとにちょっと細かい部分などに触れていきます。

Mamma Mia

サムを見つけた時のドナ「あ~な~た~!!」と伸ばす感じ。
めっちゃ面白かったです(笑)
1番を歌い終えてセンターに向かうところでダディーズを見る時。
センターに来たところで凄く嫌そうな顔をして体全体を振り下ろすかのようにしてました。
そして、ダディーズとのやりとり。
サムに「あなたはどうなの?」と聞く智恵ドナ。
サムの顔を一切見ずにドリルだけをサムに向けて言っていました。
これ凄く良かったなぁ…。
サムの「二度と顔を見たくないって言われたんだ」というセリフが凄く生きてきました。

チキチータ

曲前の「なんでもないわほっといて!いつかこうなるってわかってた。頭の隅にあったの。それが今現実になるなんて!私本当にバカだった」みたいなセリフがほぼ切れ目なく続きましたね。
そのままベッドインしていて、かなり面白かったです(笑)
ターニャとロージーが歌ってる時もベッドの上でばたばた動いてたりしてて(笑)
智恵ドナ可愛いですかなり(笑)

ダンシング・クイーン

樋口ドナや江畑ドナのようにベッドに横たわることはしませんでした。
あぐらをかいたり客席に背中を向けるようにして座ったり。
でも拗ねるような感じではなく、ターニャとロージーを見て微笑んでました。
だけどまだ素直になれなくてちょっと反抗期(笑)
それでも体はうずうずしてて早い段階からリズムを刻んでいて。
今にも踊りたい感じが凄く伝わってきました。

Super Trouper

ソフィとの絡みはまだぎこちない感じかな?
もっと回数を重ねていくと色々出来そうですね。
多分ここのシーンはもっと良くなると思いました。

One Of Us

歌う出す前にバグパイプを見つめながら曲が流れていきます。
凄く未練のある感じが出ていてとても良かったです。
智恵さんのOne Of Usも凄く良かったです。
個人的には江畑さんのが一番好きかな…?

Our Last Summer

ハリーがノックした時の「どうぞ」の言い方がやや威圧的。
「育ちのいいお嬢さまらしく」は特に動きもなく。
でもそのあとハリーと豪快に笑ってました(笑)
クロワッサンはハリーに半分あげると、自分は手打ち食い(笑)
私の王子様のところでハリーの動きに豪快に笑う智恵ドナ。
最後は、ハリーの肩に顔を寄せるように体を傾け。
そんなドナの肩を抱くハリー。
そして二人で見つめ合って豪快に笑う、という微笑ましいシーンでした。
あああやっぱりこうやって最後のやりとり復活してー。

Slipping

やっぱり智恵さんの裏声の使い方は上手だとおもいます。
ソフィがドレスを持って部屋に入ってきた時の智恵ドナは無表情。
無表情というか、強がっている感じでしたね。
「それがドレス?素敵ね」の言い方もそっけなくて。
「ママが着せてくれる?」と言われて、ソフィを椅子に招く仕草も笑顔はなく。
とにかく最初の方は素っ気なさが伝わってきました。
だけど歌っていくうちになんとなく優しさがにじみ出てくるというか。
だんだんと素直になっていくというか。
素直にソフィを心から愛している感じが物凄く伝わってきました。
本当にこの1曲でドナの心境が一気に変化していくような。
そして最後、ソフィが去ったあと。
寂しさとか悔しさ?とか…そういう感情を吐き出すように拳を握り締めて振り下ろし。
こういうところもなんとなく男前というか…そんな弱さが出ていました。

The Winner

樋口ドナや江畑ドナのようなゾクゾクとしたものはなかったけど…。
だけど心境の変化がやっぱり凄く伝わってくる感じがしました。
サムが部屋に入ってきて、色々と話し出すシーン。
「あの子が望んでるんだ。言ってたよ。お父さんに来てもらいたいって」
このセリフの時に、脱いだガウンをベッドに叩きつけてましたね。
からの「それに父親もそう望んでいる」というセリフを受けての「なんですって?」のセリフ。
樋口ドナは感情的に、江畑ドナは静かに。
智恵ドナも静かに言っていましたが、とても良かったです。

I Do

ターニャとロージーを振り向く時にいちいち「ふんっ」っていうのが可愛かった(笑)
そして「I………………Do」っていう感じにかなり溜めてました(笑)
ここは可愛かったのと面白かった!

まとめ

とりあえずこんな感じで、とにかく男前ドナ!
だけど細かい部分とか本当に丁寧で素晴らしかったです。
三者三様のドナになっていますが、どれも好きだなぁ。
智恵ドナまさかこんな素敵だとは思わなかったから。
いい意味で期待を裏切られました!

どんどん良くなっていくと思うので、とても楽しみです。
本日も観に行くので、がっつり観てきたいと思います!!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました