2016年12月3日ソワレ 劇団四季『アラジン』

アラジン
この記事は約7分で読めます。
ゆうき
ゆうき

久しぶりのアラジンー!

日時:2016年12月3日ソワレ公演
場所:大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]
座席:1階S席3列20番

はじめに

最近笠松くんがアラジンデビューして凄く気になっていました。
で、そういえば久しぶりに瀧山さんも岡本さんも観たいなーって思っていて。
そしたらまさかの凄く奇跡的なキャストが揃って。
そんな中、チケットのお誘いが…。
行かないという選択肢がなかったので、行ってきました!

観劇自体ちょい久しぶりだったから凄く楽しめました。
アラジンに関しては細かい感想は書けないのだけど、一応キャストの感想です。

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

ジーニー:瀧山久志

約1年ぶりの瀧山さんジーニーでした。
相変わらず演技をしているようには見えない自然な演技!
決められた台詞ではなくまるですべて自分の口からベラベラと言葉が出ているかのよう。
本当に瀧山さんのお芝居は天才すぎて凄いです。
次にどんな台詞が来るかももう分かってるんだけどそれでも笑えてしまえる、その間合いや表情。
すべてがまるで魔法のようで、瀧山さんがいるだけでこんなに作品が変わってしまうのかという感じでした。
ところどころアドリブというか細かい仕草とか変わっていて。
1年前に観た時には言ってなかったんですけど、今回は「Lサイズポテト付きで」っていうピザの流れで自分のお腹をポンと叩いて「ピザ!」って言ってたり(笑)
不意打ちで笑いを取りに来るのでなかなか怖いです(笑)
声量も相変わらず魔人級で、とにかく凄いの一言。
ザ・エンターテイナーですね、本当にこの役は瀧山さんそのものと言っても過言ではありません。

アラジン:笠松哲朗

ようやく念願の笠松くんのアラジン!
初々しさがあって凄く純粋で、こんな好青年が本当に盗みを働いてるの?ってくらい純白。
真っ直ぐな瞳がとにかく彼の純粋さを表していて、まさにダイヤの原石。
海宝くんや厂ちゃんみたいなずる賢い表情とかがなくて、とことん真面目で純粋なんですよ。
それはアラジンの時もプリンスアリーになってからも同じで。
そこに一切の変化がないのが、アラジンが確かにプリンスアリーなんだという証拠でもあり。
ただ装いを変えただけで中身の彼自身は一切変わっていないことの現れでもあり。
逆に言えば、プリンスになったのにキラキラしていなくて王子様感ゼロ。
海宝くんとかはプリンスアリーになった時なんかとにかくキラキラしていて王子様オーラ全開だったのに。
そこに物足りなさを感じつつも、でも完璧なダイヤでなくあくまで原石なんだっていう説得力もあって。
なんていうか、島村さんや海宝くん、厂ちゃんとは全然違った魅力がありました。
素朴っていう表現も似合うし、なんか凄く地味なのに光り輝ける可能性を秘めていて。
心からかっこいいー!って叫べるような感じではないけど、でもなんか応援したくなっちゃうような。
純粋な少年っぽさがあって、凄く好感持てました。
FLMではぴょんぴょん跳ねて楽しそうだったりもして、なんて無邪気なんだ…と。
なのに、ジャスミンとキスをした直後とかの表情に時々色気を感じたり。
ずるいですよ彼は…。
歌に関して言うと、やっぱり歌で表現するという部分には少し欠けているかも。
ただ歌っている、というような印象もありました。
ダンスは逆に凄すぎて、BOAKとかFLMとかも凄く楽しそうに踊っていて素敵でした。
なんか、不思議なことに笠松くんを観ると海宝くんが観たくなる。
それくらい素朴で冴えないアラジンなんだけど、純粋で凄く真っ直ぐで素敵なアラジンでした。

ジャスミン:岡本瑞恵

今回、いつもの岡本さんではなかった。゚(゚´Д`゚)゚。
不調だったみたいでなかなかあの高音が出なくて…。
悪いっていうわけではないんだけど、あまり良くなかったようで。
それでも凄く綺麗に歌い上げてはいたのでさすがだと思いましたが…。
そして以前に観た時より普段喋る声もちょっと高めだったりして。
常にテンションの高い、まさに少女のような印象を受けました。
前、海宝くん相手で観た時はもう少し落ち着いていて少女というより女性という表現に近かったのだけど。
岡本さんは相手によって演じ方を変えると言っていたので、実際に観て凄いなと思いました。
歌がちょっと不調ではあったけど全体的に凄く良かったとは思います。
岡本さん、フィナーレで必ず泣いてるからその時の表情見るのが密かにすきです。
またいつかエネルギッシュな岡本さん観れるの楽しみにしたいです。

ジャファー:牧野公昭

やっぱり牧野さんはザ・悪役なジャファー様ですね!
この方の地の底から湧き出るような声は素晴らしすぎる。
酒井さんの軽い声とのコントラストが効いて凄く重みを感じて痺れます。
牧野さん×酒井さんペアは最強です。

イアーゴ:酒井良太

もうかわいい!ほんとかわいい!
それしか出てこない!
憎めないよねぇ…酒井さんのイアーゴ。
ふてくされてる顔もにやけてる顔も全部かわいい。
語彙力を失うくらいかわいい。
目を細めて待機してる顔が一番好き、かわいい。

カシーム:西尾健治

西尾さんのカシームなんていつぶりだろう?
久しぶりに観たから凄く面白かったですし男らしさ全開でかっこよかったです。
萩原さんのカシームがかなり印象に残っていたのもあって、西尾さんあまり吠えない…って思いました(笑)
萩原さんがとにかく怒声凄いので短気さ半端ないカシームだったんだけど。
西尾さんはじわじわ怒りを溜めていくタイプかなぁ…と。
男気半端なくてかっこいいんだけど凄くアホな感じが出ててめちゃくちゃチャーミング。
とにかく面白かったのが、2幕でBOAKが牢獄に閉じ込められてるところにジーニーが助けに来るシーン。
ここで歌う曲名前忘れたけど、ジーニーたちが歌ってる時の西尾さん本当に面白くて(笑)
「すいませーん!」とか「おーい!」とか「あのこれ…取ってほしいんですけど」とか大声で言ってて。
普通のトーンで喋ってるからより面白さ抜群でヤバかったです。
歌も安心だしお芝居も安心だし、とにかく久しぶりの西尾さんカシーム最高でした!

オマール:町田兼一

イアーゴでも1回も観てないのにオマールで初見。
正直あまり得意でないかなぁ。
オマール向きではないように感じました。
オマールの弱々しい感じとか女々しい感じがあまりなく、雄々しい感じがあって。
もっと弱くていいのにちょっとアホなだけで全然頼りがいはありそうな感じ(笑)
それにBOAKでの高音も出てないし、残念だなぁ…と思う部分がいくつかありました。
ただ歌のハモリは山下さんより声質合ってて良かったです。
イアーゴはどんな感じなんだろう?と気になるところではありました。

バブカック:白瀬英典

美声。

王(サルタン):青木朗

初の青木さんサルタン。
うーん、悪くもないけどあまり好きでもない…?
なんというか緩急があまり付いてないというか、どこか平坦さを感じてしまいました。
もっと…もっとデレデレしちゃっていいのに!
でもサルタンは誰がどうで~っていうの全然見分けつかないのでなんとも(笑)

まとめ

久しぶりっていうのもあってかなり楽しめました。
席もほぼ最前のドセンなので凄く見やすかったし、本当に最高の観劇になりました。
やっぱり瀧山さんのジーニーだと数倍面白くなる。
この作品ほどキャストの個性が出てくるものはないので、瀧山さんだと余計に楽しい!

もう何がどうで~とか細かいことは全然書けないのだけど。
初見の方が多いのか、1年半経った今でもどっかんどっかん笑いが起きます。
それがまた楽しかったりして、そういう空気がより作品を盛り上げたりもするし。
何よりハイテンションな役者さんたちを観れるのも楽しいです。

あ、ただ観ていて感じたのはなんだかテンポが早すぎるかなぁ…って。
間合いを詰めすぎている気がしました。
もっとここは溜めた方がいいのに、とか思うシーンがいくつか。
ちょっと淡々としすぎていた部分もあったりして、うーんって感じでした。
以前はそんなことなかったのになぁ。
瀧山さんは変わってないんですよ、全然。
だけど他のキャストが全体的にちょっと間を詰めてる気がしました。
そこくらいかな、気になったのは。

だけどアラジンは観ると凄く元気になるし、なんだかんだかなり上位に入るくらい好きな作品だと改めて感じました。
また行けたら…次は三平さんのジャスミンがデビューする時にでも行きたいです!

クリスマスが近いということでカレッタでは恒例のイルミネーションが。
凄く綺麗ですね。
まさに「A Whole New World」でした。

本当に魔法のような時間を過ごせました。
凄く楽しかったー!!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました