2015年4月4日ソワレ 劇団四季『魔法をすてたマジョリン』

魔法を捨てたマジョリン
この記事は約7分で読めます。
ゆうき
ゆうき

ポンピロパン!

日時:2015年4月4日ソワレ公演
場所:自由劇場
座席:1階S席1列19番

はじめに

3月19日以来の観劇になりますので約2週間ぶり。
マジョリン初観劇でした!
ファミミュ自体、10年前に『はだかの王様』観て以来です…。
しかも最前列だったので、とても楽しいマジョリン初観劇になりました。

最近はずっとブロードウェイとかの輸入ミュージカルばかり観ていたからなぁ。
久しぶりのファミミュは凄く新鮮だったし、やっぱりファミミュだからって侮れないです。
キャストを観ても分かりますが、菅本さんや味方さんなどお芝居が上手な方が脇を固め。
フレッシュな顔ぶれもいい具合に馴染んでいてとても素敵な雰囲気に仕上がっていました。
最初の方はキャラクターの名前覚えたりとかがちょっと大変だったけど(笑)

あと、やっぱり子供が多かった!
だからいつもの劇場の雰囲気とはまた違って凄く新鮮でした。
上演中も子供の笑い声がたくさん聞こえてきて、むしろそれが面白くて笑っちゃったり(笑)

ファミミュって命の大切さとか思いやりとか「ありがとう」の気持ちとか。
そういうのをテーマにして物語が進んでいくから、なんか人間として心が洗われる。
私も見習わなきゃな~なんて思いつつ、ちょっとうるっと来る部分もありつつ。
なんだかんだでとても好きな作品になりました!

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

マジョリン:長野千紘

知り合いが長野マジョリンいいって言ってたので期待してました。
うん、凄く良かったです!
とても可愛らしいし、小柄なのに凄くパワフルなお芝居をされる女優さんでした。
歌はちょっと安定感ない、というか少し足りない部分はあるけれど。
表情も凄く変化がはっきりしていて、マジョリンの好奇心旺盛な感じとかもしっかり表現されてた。
フライングも凄く綺麗でしたし、全体的に動きがキレあっていいと思います。
とにかく凄く可愛い方でした。
これは長野さんのマジョリン、好きになっちゃいますわ確かに。

ブツクサス:菅本烈子

もうね、菅本さんってだけで安心して観れちゃいますね。
ベテランだから上手いってわけではないけど、やはり菅本さんのお芝居は凄く素敵です。
ブツクサスがリトマでいうセバスチャンみたいで凄く可愛かった。
マジョリンの自分勝手な行動に振り回されながらもしっかり面倒見る感じが(笑)
菅本さんも歌は…って感じでしたが、お芝居の安定感は素晴らしい。
ブツクサスって太ってる設定らしいけど、菅本さんの脚やら腕やら細いから説得力なかった(笑)

ニラミンコ:味方隆司

いやぁ最高でした味方さん!
やっぱり味方さんはお芝居の人ですね。
ニラミンコの意地悪な感じが凄く上手に表現されていました。
演技とかも凄く細かいし、いちいち表情だったり仕草だったりが面白くて。
もう客席の子供たちからも大人気でした(笑)
マジョリンや町の人たちを魔法を使って操ってる?時の表情とか凄く生き生きしてた(笑)
こういう役を演じてる味方さん、物凄く楽しそうですね(笑)
ファミミュに味方さんだなんて凄く豪華ですが、やはり安定感あるし素敵だし存在感もある。
マジョリンが「心」とか「思いやり」とかを発するたびに体が拒否反応?を起こす時の動きとか。
良心が働きかける時の動きとか表情とか声とか、そういう細かい部分も素敵でした。
大胆な動きをすれば子供たちから大笑いが起きるし(笑)
味方ニラミンコが観れたのはとても貴重だったな、と大満足であります。

ダビッド:渡久山慶

少し開口が気になるかな…。
でも全体的に良かったと思います。
背も高いしかっこいいし。
渡久山さんも歌では一部声が出てないところもあったけど。
ダンスもキレがあって良いし、素敵でした。

オカシラス:川地啓友

凄く安定感があって良かったです。
落ち着いた声色が余計雰囲気を漂わせていて、不気味な感じが上手く表現されていました。

プレッツェル婆さん:はにべあゆみ

なんか…はにべさん喋り方こんなんでしたっけ?
婆さん役だからこういう喋り方になってるだけなのかしら。
わざとこういう喋り方をしているなら凄い…って思うくらい喋り方が危うい(笑)
はにべさんも随分ベテランな方ですし、なんだかんだで安定感あるんですけどね。
カテコだったかな、思い切り脚上げたりなかなか凄い動きをしていて驚きました(笑)

ステファン:志賀ひかる

病弱な設定だけど、それも上手く表現されていたと思います。
凄く小柄な方でしたが男の子役も似合っていました。
アンサンブルの山脇さんかな多分…とパッと見似てたのでややこしかったです(笑)
とても可愛らしくて素敵でした。

観劇の感想・考察

私の席はタツロットがよく来ました(笑)

ファミミュ特有の「皆さん一緒に歌ってください!」があったりしてね。
とにかく最前列だと目が合う(笑)
しかも俳優さんが舞台から降りて、目の前を歩いてくるんです。
あまりに近くてびっくりしちゃいました。
舞台の最中でもマジョリンたちが舞台下に降りる演出があったりして。
タツロットが目の前に降りてきて、がっつりと拝見させていただきました。
これは最前おいしいですわ…。

ファミミュだと本当にこういう演出だったりお見送りだったり。
俳優さんとの距離が凄く近いですよね。
ここにご贔屓さんいたら、そりゃ通っちゃうわきっと。

でもマジョリンにしても、結構素で笑えちゃうシーンとかたくさんありましたね。
マジョリンが試験を受けることになって、その試験勉強をしているシーン。
雪男を具現化させる魔法を実践した時の雪男の下半身とパンダの上半身が出てきちゃうとことか。
もう思い切り笑わせていただきました(笑)
味方ニラミンコの動きだったりも凄く面白くて、子供たちと一緒になって笑ってました(笑)

そしてフェスで散々聞いた曲もちらほら。
「ブルーなブルース」や「心の奥を見つめてごらん」や「心から心へ」。
流れた途端にフェスの演出のやつが脳内再生されたけど。
ようやく本家の演出を観ることが出来て良かった。
何気にファミミュの曲って凄くいいものが多いんですよね。
マジョリンもそうだけど、歌詞も素敵だし耳に残りやすい。
多分一緒に歌わされるのも理由のひとつだからかな。
マジョリンたちが歌う曲もそうだけど、ニラミンコが歌う悪の曲も素敵でした。
子供たちも大声で元気に歌っていて、なんか癒されちゃった(笑)

初観劇であり今公演のMy初日でありMy千秋楽だから全然深い感想書けないのでこれくらいで。
とても楽しむことが出来ました。
ご贔屓さんが北で猫ちゃんになっているので、今はなかなか会えないけど。
たまにはこういったファミミュとかもこれからは定期的に観ていきたいなって思いました。

ちなみにお見送り。
子供たちが走ってお見送り列に向かっていったりキャストの人たちと握手している姿にまた癒され。
そして私自身、AKBの握手会でも同じような光景を見ているため。
なんだか握手会に参加している気分でした(笑)
もうね、こういう接触イベントに関しては随分と回数を重ねてきているので…。
列が混んでる時には絶対に行きたくない…っていう思いがあって。
出口のところには4列作られていて。
左から味方さん、渡久山さん、長野さん、川地さんっていう感じで。
自分の行きたい列に並んで握手してから劇場を出るっていう感じになっていました。
どうせ握手するなら味方さんか長野さんかな~なんて思いつつ。
最後の方までずっと悩み、結局味方さんの列へ。
「素敵でした」と一言伝え、「ありがとうございました」と。
そのまま劇場出ても良かったんだけど、ちょっと引き返して長野さんの列に並び直す(殴)。
もう私が長野さん列の最後で…。
まさかの鍵閉めでびっくり(笑)
鍵閉めっていうのはドルヲタ用語で、最後に握手するっていう意味です。
鍵閉めだから多分かなり喋ることが出来ました。
同じように「素敵でした」と言えば、「ありがとうございました」と笑顔で返され。
「これからも期待してますね。応援してます」と別れ際に伝え。
劇場出ようと思いながら振り向いたら長野さんが頭ぺこってしてくれて。
「本当に嬉しいです!」って笑顔で言ってくださったのを見て。
なんか、そういう姿勢にとてもキュンとなりました。
他にも色々喋らせていただいたんだけど何喋ったか忘れた。
最後に手を振って劇場をあとにしました。

まさか舞台でこういう握手イベント発生か…と思いながらも楽しかった(笑)
ぜひ長野さんには今後色んな役を経て素敵な女優さんに成長していってほしいなと思います。

まとめ

久しぶりの観劇も凄く楽しめました!
ファミミュもやっぱり楽しいし、たまには違う舞台観るのもいいですね。
岡村さんが東京に戻ってきたら結局それしか行かなくなってしまうけども。

マジョリンは早くも千秋楽を迎えてしまうとのことで。
出来るのであればもう1度観たかったなと。
また数年後、再演が決まったら行きたいと思います。

とにかく素敵な作品に出会えました!
凄く楽しい1日を過ごすことが出来ました\(^^)/

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました