2014年9月4日マチネ 劇団四季『マンマ・ミーア!』

マンマ・ミーア!
この記事は約6分で読めます。
ゆうき
ゆうき

約1年ぶりの劇団四季でございます

日時:2014年9月4日マチネ公演
場所:四季劇場[秋]
座席:3階バルコニー席1列12番

はじめに

去年の9月に四季の『ウィキッド』を観劇して以来全く四季の舞台は観ていなかったので、とても久しぶりに感じました。
もうね、本当に劇団四季は高校生の時にドはまりして毎月観に行ってました。
それからずいぶんご無沙汰してましたが…。
マンマも2010年の大晦日に初めて観て以来、今回が2度目の観劇になります。
当時のキャストはもう本当に私にとって神キャストで…。
この作品の主役であるドナ役を、先日舞台で観た濱田めぐみさんが演じていて。
それはもう当時は濱田さんがドナを演じるということでファンの間でかなり話題になりました。
私も騒いでいた一人で、絶対観たい!!と思って、観ることが出来ました。

ドナは娘を女手ひとつで育てたとても強い女性です。
だから濱田さんにもぴったりの役で、本当にかっこよかったです。

マンマは映画化もされてますし、もしかしたら話の内容は知ってるって方もいるとは思いますが。
本当にこの作品は楽しいんですよー!
ABBAの曲を使ったミュージカルで、知ってる曲もたくさん登場します。
ミュージカルというよりもはやコンサートに来ているかのような感覚に陥ります。

今日なんかもカーテンコールでは客席がスタンディングオベーション。
それでみんなでサイリウムを振りながら、一緒に踊ってました。
めっちゃ楽しかったです。

では、話の内容に触れていく…というよりキャストひとりひとりの感想書いていきます。
こういうレポの仕方、昔からやってたのでここでもこんな感じで書いていきますね。
かなりマニアックな内容になっちゃうので飛ばしちゃっても問題ないですw

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

ドナ:樋口麻美

主役でありソフィのお母さんであるドナ。
まさか麻美ちゃんがドナを演じることになるとは…。
あのね、麻美ちゃんは10年くらい前にソフィ(娘)役を演じてた女優さんです。
私は直接は観てなかったけど映像とかでたくさん観ていて、本当に可愛らしかったんです。
まあ10年立てば娘役から母親役に変わるのも当然ですよね。
なんというか、年月の流れを感じました。
感想としては、樋口ドナも素敵!
ドナを演じるには正直まだ若いと思います麻美ちゃん。
でもすっごくパワフルでかっこよかった!
それに麻美ちゃん本当可愛くて。
私が四季で初めて好きになった方なんです、麻美ちゃんは。
小学生の時に四季の『クレイジー・フォー・ユー』という作品を父親に連れられて観ました。
その時にヒロインを演じていたのが麻美ちゃんでした。
もうね、衝撃的でした。
麻美ちゃんに一目惚れでした。
それから濱田さんを好きになっていき…とは言っても麻美ちゃんも大好きで。
というか四季の女優さん俳優さんは好きな人たくさんいます。
中でも濱田さんと麻美ちゃんは別格だったなぁ。
そんな彼女を久しぶりに観ることが出来、なんか感動しました。
樋口ドナめっちゃ良かった!!

ソフィ:江畑晶慧

この方は中国だったか韓国だったか忘れたけど外国の方です。
江畑さんはねー、ウィキッドで観たことあるんだけど歌は本当上手な方なんですよ。
全然訛りもないので台詞も聞いてても違和感ないし。
ちょっと丸みのある方なので、もう少し細くなるといいかな(小声)
麻美ちゃんが細すぎるから余計ねw
確か4年前に観た時もソフィは江畑さんが演じてました。
あの時よりもやっぱり演技が滑らかになってるし、いいと思います。

ターニャ:八重沢真美

八重沢さんが観ることが出来て本当嬉しいです!
4年前も八重沢さんでしたが、この人は本当安定してる。
安心して観ることの出来る人です。
長身だしスレンダーだしかっこいいです。
今回も素敵でした八重沢ターニャ。

ロージー:青山弥生

青山さんも観ることが出来てマジで嬉しいです!!
この人は本当に長くロージーを演じていて、確か初演キャストの一人です。
ロージーといったら青山さんっていうくらいハマり役です。
凄く小柄な方なんですけど歌声はめっちゃパワフルで凄いです。
青山さんを観れただけでもチケット買った価値があります。
それくらい、この方は凄いです。
やっぱり今回も本当良かったです青山ロージー。

サム:阿久津陽一郎

阿久津さんもね、本当感慨深いです。
10年前はソフィの彼氏役のスカイを演じていた方です。
それが今では父親役です。
当時麻美ちゃんと一緒にマンマ出てたし、二人とも若い恋人同士の役だったから。。
10年立ち、今回は母親と父親役ですよ。
もうなんというか本当に観ていて思うことがたくさんありました。
阿久津さんも父親役にしてはちょっと若いんですよね。
だけど、阿久津さん観れるならなんでもいいやw
とても長身でかっこいい方です。
阿久津さんは麻美ちゃんとも濱田さんともよく恋人役をやっていたので、今回も麻美ちゃんとこうやって共演していてなんか安心して観ることが出来ました。
うん、良かったです阿久津サムも!

ハリー:百々義則

百々さんは『美女と野獣』のルミエール役のイメージが強かったから新鮮ww
優しい感じが出ていてとても良かったと思います。

ビル:脇坂真人

脇坂さんってダンサーのイメージだったからやっぱり新鮮w
とても良かったと思います~。

スカイ:玉城任

玉城さんは今回が初かなぁ観るのは。
まあ悪くはなかったですかね。
かっこいい方ですし。。
多分もう少し演じていけばより良くなるような気はしました。

まとめ

とまあキャストに関してはこんな感じで。
なんか久しぶりに観たせいか、四季の特徴である「開口」が気になりましたねー。
台詞をしっかり聞き取れるように喋る方法で、物凄く片言っぽいんです。
これが四季の方針だから仕方ないんだけど、やっぱり気になっちゃうなー。
台詞を聞き取りやすくするために一言一言をしっかり喋るから、台詞に感情がこもりにくくなっちゃうんですよね。
多分この開口が苦手な方はたくさんいると思います。
この開口は俳優さんによって凄く目立つ人もいるし、全然すらすらと台詞を喋る人もいるので一概には言えないですね。

麻美ちゃんはちょっと開口気味。
昔からこんな感じだったけど、でも麻美ちゃんの開口は割と気にならない感じ。
八重沢さんや青山さんは本当全然気にならない。
ベテランの方はあんまり開口は気にならない方が多いですね、なんとなく。
濱田さんとかも全然開口気にならない人でした。
むしろアンサンブルの人たちが開口かなり目立ってたかなぁ、、

気になったのはそんなところで、でも全体的に本当に楽しい舞台でした。
やっぱりドナとターニャとロージーが歌う「ダンシングクイーン」が盛り上がります。
みんな踊りますしねw
マジで楽しいですよ!
ぜひ、気になった方は観てみてください!!
本当に楽しいです!

私はもう今回ので麻美ちゃんに惚れ直したのでお手紙出したいと思います。
四季の俳優さんって凄く丁寧で、ちゃんとお返事くれる方が多いんですよ。
麻美ちゃんも以前手紙出したら、クリスマスにお返事が来て。
愛犬の写真つきで直筆でお返事くれました。
濱田さんも年賀状くださったし、中にはサインもつけてくださる人もいたりして。
凄く嬉しいですよね、こういうお返事もらえるのって。

うん、とにかく麻美ちゃんがマジで可愛かったからまた麻美ちゃん観に行きたい!
来月もマンマ観に行くんですけどキャスト変わってる可能性あるから、近いうちに観たいなぁ。
本当に今日はとっても楽しい時間を過ごせました!!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました