2014年11月3日マチネ 劇団四季『マンマ・ミーア!』

マンマ・ミーア!
この記事は約3分で読めます。
ゆうき
ゆうき

3連休最終日、行ってきました!

日時:2014年11月3日マチネ公演
場所:四季劇場[秋]
座席:1階S席4列13番

はじめに

マンマのS席観劇はかなり久しぶりです。
今回も下手側だったんですけど、いつか上手側で観てみたいものです。

さて、本日キャス変発表があり樋口ドナは今日で交替でした。
今週は金曜と土曜マチネ以外はマンマ行きました。
私すぐ行動しちゃう派なので時間とお金さえあれば行動しよう、
と思って先週のうちにチケット押さえてはいたんです。
だから今週樋口ドナが観れてとても幸せでした。

毎回違った舞台になっていて、本当に毎回感動しました。

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

ドナ:樋口麻美

やっぱり樋口ドナのThe Winner大好きだなぁ。
表情が見えると見えないじゃ全然印象も違いますね。
本当にグッと来ました。
今週、毎日のように泣かされました。
本当に素敵でした。

ソフィ:岡本瑞恵

本当に岡本さん素敵だなぁって思いました。
歌声も演技も表情もどれも本当素敵で、グッと来ました。
今週で樋口ドナとのペアは一旦終了なので、、
明後日からの江畑ドナとのペアもまた楽しみにしたいと思います。

ターニャ:八重沢真美

やっぱり八重沢さん好きだわー(何回目)
今回ちょっと台詞間違えちゃってたとこありましたがなんとかなってましたね。
バージンロードは渡るものでなく歩くものです。
八重沢さんの特徴のあるあの笑い声、やっぱりツボです。

ロージー:久居史子

可愛いです久居さん。
今日隣の席の方がかなり久居さんをガン見してました(笑)
歌声が本当素敵。

サム・カーマイケル:阿久津陽一郎

本当素敵でした。
面白いし、なんか最高でした(笑)
次観る時はちょっと意識しちゃうんだろうな…。

ハリー:明戸信吾

なんというか明戸さんもちょっとした演技などが好きです。
今回、Does Your Mother Know前のシーンで明戸ハリーが上半身裸で登場する時。
観客席から笑いが起こってました。

ビル:深水彰彦

かっこいいです相変わらず。
毎回The Name Of The Gameのシーンが終了して舞台転換?する時に走って舞台装置の後ろに隠れる深水さんを目で追ってます。
好きです。

観劇の感想・考察

気になったポイントの感想などを書いています。

今回The Name Of~のところで桟橋が上がらないという機材トラブル。
ソフィとビルはそのまま演技を続けていました。
ちなみに下手で観てる私としては大変見やすかったです(笑)
最後はちゃんと桟橋上がってましたよ。

ヴレブでは、山下さんとのダンスの時。
山下さんの鼻を摘んでました樋口ドナ(笑)
また玉城さんとの時はガオーっていうポーズからの猫のにゃーっていうポーズ。
下手からだと手の動きとかしか見えなかったけど可愛かった。。

「育ちのいいお嬢さまらしく」の台詞。
今回は1回転してからのポーズ決めてて可愛かったです。
クロワッサンはやっぱりがつがつ食べてました(笑)
最後のやりとりなくなっちゃったのちょっと寂しいなぁ。

The Winnerはもう…やっぱり好きです。
「話すこと何もないわ」の間。
凄くグッとくるものがあってまた今日も泣いてました。
なんか条件付みたいになってる(笑)
この曲聴くだけで涙でるようになっちゃいました。

カテコではなんかスキップというかステップというか…
ぴょんぴょん跳ねる…というのともちょっと違うけど。
なんかいつもとちょっと違った感じに指差ししてて可愛かったです。

まとめ

久しぶりのS席だったので本当かなり楽しめました。
すっごく楽しかったです。

やっぱり表情が見えてこそだなぁ、と。
バルコニーももちろん面白いんですけどね。
いつかS席の上手側で観たいものです。

なんだかんだ明後日はイベントですね。
イベント参加とかもう5年ぶりなのでかなりドキドキしてます。。

久しぶりの江畑ドナなので、ちょっと楽しみです♪

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました