2021年2月28日マチネ 劇団四季『マンマ・ミーア!』@京都

マンマ・ミーア!
この記事は約3分で読めます。
ゆうき
ゆうき

2月ラストの観劇です!

日時:2021年2月28日マチネ公演
場所:京都劇場
座席:1階S席I列17番

はじめに

2月最終日です!結局何だかんだで2月は日曜日毎週来てしまい、京都マンマ開幕してから遠征自体はもう7回目です。意味わからんですな…まだ開幕してから1ヶ月しか経ってないのに。会社の上司にも、「京都に住んだほうがいい」と言われています(笑)

マジで毎週「これで見納めやろ…」という気持ちで観劇しているので、翌日の月曜日キャス変で名前が残っていると「おっふ…」となるんですよ。京都で今期マンマは終わりなので、もう戻ってこない可能性も考えるといるうちに観なきゃ!となってしまって、それが絶賛ずるずると引き続いているわけです。たとえばこのまま千秋楽まで完投ってなったら、私も千秋楽まで毎週遠征することになるのか…!?と考えてしまい、冷や汗がとまりません。身の丈にあった観劇スタイルを貫くようにしましょうね、皆さん…。

なので、内心どこかでそろそろ抜けないかな…という期待もあれば、舞台に立ち続けてくださっていることが嬉しいし劇場に行けば会えることが幸せっていう喜びもあって、金銭的にはつらいですけど本当に幸せな日々を過ごしております。ということで今回もしっかりと見納めのつもりで見届けてきました。レポ頑張りますので、ぜひ最後までお付き合いいただければ幸いです!

総評

全体の感想を書いていきます。

キャスト:★★★★★
座席:★★★★★
全体:★★★★★

日曜日は毎回コンディションが最高すぎる京都マンマカンパニーです。今回もやっぱり最高すぎる熱演でしっかり盛り上げてくださいました。そして今回で最後なのかな…とか、あと何回観れるのかな…とか色んなことを考えながら観ていたらなんだか泣きそうになってしまいました。こんなに素敵な作品も、いつかは終わりが来てしまうんだよなぁ…って考えたら、本当に今こうして劇場で観られることが奇跡のように感じました。切ない…。それだけ、今期のマンマカンパニーのレベルが高いってことですし、岡村美南さんのドナが凄く素敵だってことです。

なんだかマジで岡村美南さんがドナとしてどんどん成長していくし深化していくし魅力的になっていくので、観れば観るほど好きになっていくんですよ…。好きという感情にはこんなにも際限がないのか、と驚くレベルです。だからこうして今回も岡村美南さんのお芝居をしっかりと客席から見届けることができて幸せでした。マジで今週、来て良かった…。

で、今回は前にめっちゃ座高が高い男性の方が座ってて、今私はブロードウェイで観劇しているのか…?と錯覚するほど洗礼を受けました(笑)一部見えづらいところもあったんですけど、でも基本的には見えたので良かったです。土曜日マチソワは久々の下手寄りだったので、今回は上手寄りでバランスよく観劇できました。上手は上手で観やすいポイントがあるし、下手は下手で堪能できるシーンがたくさんあるし…桟橋が上がらない今回の舞台セットはどこから観ても楽しくて最高です。桟橋はね…マジであれは上がると全然舞台が見えなくなるから、もう上がらなくていいと思うんですよね!

ちょっと話が逸れましたが、今回もすっごく熱量が高くて楽しい公演でした。いつまでいてくれるのかも分からない状況なので、いつ見納めになってもいいように…と思って毎回観劇していますが、今回の岡村美南さんのテンションの高さはマジで異常すぎて、観劇して良かったなーと思います。たまぁにあるんですよ、こうやって岡村さんがくっそテンション高いとき(笑)本当に可愛くて。だから観れて良かったです。もちろんお芝居も素晴らしかったですしね!

カテコもライブも大盛り上がりでしたし、マジで京都マンマは毎週楽しいです。そして今回も色んなことを考えながら観劇できて、とても実りのある観劇になりました。もう私の通帳は悲鳴を上げているけど、それ以上の価値を得られた遠征になりました。幸せ!

>>次からはキャストの感想です!

8

コメント

タイトルとURLをコピーしました