2019年1月26日ソワレ 劇団四季『パリのアメリカ人』

パリのアメリカ人
この記事は約7分で読めます。
ゆうき
ゆうき

2019年初観劇です!

日時:2019年月26日ソワレ公演
場所:東急シアターオーブ
座席:1階S席3列26番

総評

全体の感想です。

演出:★★★★
物語:★★★
キャスト:★★★★★
歌・ダンス:★★★★★
全体:★★★★

プロジェクションマッピングという最新技術を駆使した映像美は素晴らしかったです。
スタイリッシュで、四季としてはかなり珍しい演出だったなという印象を受けました。
ただ、ある意味最新すぎて描かれている時代とは若干マッチしていないのかな?という感じも。

これは好みの問題ですが、政治的要素がかなり強めなので私的にはやや苦手な部類。
しかし、それぞれのキャラクターの揺れ動く恋心をあえて打ち明けずに物語が進んでいき、中盤でそれぞれがお互いの恋する相手に気付くといった部分は観ていてハラハラしました。
あとは、最後リズがアンリと結ばれてほしかったというのがあります(笑)
それとマイロが報われないのがね!個人的にね!悲しかったYO!

どちらにしても私は観ていて不満のないキャストだったと思います。
というか、岡村さんもだけど木村さんも使いどころが勿体ないレベル。

私がド素人なもんですから、プロの目線で見たらダンスとか色々あるのかもしれないですけど。
もう人間技とは思えない素晴らしすぎるダンスには、ひたすら圧巻でした。
曲もガーシュウィンですし聴き慣れているのもあって、耳にすんなり入ってきましたね。

四季としては新しい作品色でしたし、とにかく演目としては「美しい」の一言。
ダンス演目が好きな人にはたまらない作品だと思います。
ガーシュウィン繋がりでCFYのようにコメディチックなのかなと思いきや、全くの別物。
先述しましたが政治的要素が強いので、むしろ重めだと思います。
まあ、私としては若干の物足りなさはありましたが(岡村さん的な意味で)。。。
何回も観たいというよりは、1回をじっくりと咀嚼して余韻に浸っていく作品ですかね。

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

ジェリー・マリガン:酒井大

この方初めて知りましたが、外部の方なんですかね…?
しばらく四季から離れていたので正直その辺分からないんですけども。
若々しくてエネルギッシュな青年という雰囲気にぴったり。
若干濃いめで日本人離れした顔立ちも相まって、とてもジェリーらしさが出ていた方だと思います。
歌も普通に上手でしたけど、何よりダンスが美しいですね。
しなやかだけど力強さも感じられて、それでいながらとても軽やか。
とにかく若さが、ジェリーの未熟さとか色々ダイレクトに感じられるので違和感ありませんでした。
この役はぜひとも松島さんでも観てみたいです。

リズ・ダッサン:石橋杏実

この方も初めて知りましたが、ダンスが上手ですね…。
とにかく華奢でちょっと頼りない感じの顔立ちも、リズっぽさあって素敵でした。
細いし身軽で、少しでも目を逸らしただけですぐ消えていなくなってしまいそうな儚さも感じられる、独特な雰囲気をお持ちの女優さん。
でもふとした時の笑った顔は凄く幼くて可愛らしくて、とても素敵でした。
歌も上手でしたし、気になる点も特になかったので良かったと思います。

アダム・ホックバーグ:斎藤洋一郎

この物語の狂言回し的キャラクターでしたし、タイトルの「パリのアメリカ人」もアダムのことでしたし、かなり重要な役みたいです。
もちろん洋一郎さんなんで歌もダンスもお芝居も不安要素は一切ありませんでしたし、実際その通りでした。
常に足を引きずる演技をしなくてはいけないので大変だったと思いますが、所々洋一郎さんの身軽さが垣間見えたりして、もっと大胆に踊ってほしい…とすら思うほど。
身体能力の高さが、怪我を負った青年という設定ですら伝わってくるのヤベえなって感じでしたね。

アンリ・ボーレル:小林唯

唯くんイケメン!一緒に観劇した妹が気に入ってました(笑)
きっちりとした髪型も似合うし、ちょっと頼りない感じとかマザコンな感じとかも似合う。
まだまだ幼さの残る青年っぽさが全開だったので、アンリにぴったりですね(褒めてる)
ダンスも歌も申し分ないですし、なんだかつい手を伸ばしてあげたくなるような愛嬌もあるので、とてもずるいなと思いました。
2幕終盤の「I’ll Build a Stairway to Paradise」というナンバーがアンリの最大の見せ場だと思うのですが、そこでの楽しそうに歌って踊る唯くんが可愛いし愛しい!
これはジェリー、アダム、アンリだったら迷わずアンリを選んでしまいたくなるくらい、唯くんのアンリはとても可愛かったです。

マイロ・ダヴェンポート:岡村美南

主役を食うんじゃないかという勢いで圧倒的な存在感を放っていた我がご贔屓。
なんなら、岡村さんのマイロがこの作品の良し悪しを決めるのではないかと思うくらい、オーラと存在感を感じました。
マイロが何歳なのか分かりませんが、岡村さんが演じてきた中でもかなり年齢は高めの女性だと思います。
気品があり大人びていて、アンリと同じくいいとこで育った生粋のお嬢様。
謎の包容力に溢れている感じは岡村さん独自のものだと思いますが、やはり頼りがいのある女性像でした。
マイロはジェリーと出会って次第に彼に惹かれていくのですが、最初は若干強気に出ていくというか権力も財力も自分のほうが上なことを分かっているので、優位な立場として接していて。
それが次第に、ジェリーが自分に好意を寄せていないこと、「愛はお金で買えない」という事実を知ることによって弱さを見せていくといいますか…。
そういう心境や表情の変化は、さすが岡村さんと言いましょうか、見事に演じ切られていました。
強さが強調されるからこそ、弱さを見せたときのギャップというか落差が衝撃的で。
一人で生きていけそうな女性なのに、どこか守ってあげたくなる。
こういう感情って、岡村さんが演じる女性にはすべて共通するんですよね。
岡村さんの落差の演じ分けもありますし、ネガティブな感情を抱くときの岡村さんの表情がね、個人的にグッときてしまうんですよね。
まあ、そんな感じでお芝居に関してはもう何も言うことがありません(たくさんあるけど)
英語なのかフランス語なのか分からないですけど、流ちょうそうに喋っている姿も様になってかっこよかったです。
あとは、煙草を吸う姿が似合いすぎて超絶ガン見しましたね。
煙草って嫌いなんですけど、岡村さんが煙草ふかしてる姿はあまりにも色っぽくてアダルティで最高でした。
もっと吸ってほしいし、煙草の煙を顔に吹きかけてほしいです(殴)
歌もあの歌唱力ですから問題ないというか、むしろもっと歌わせてくれよって感じでしたね。
岡村さんの歌を堪能するには勿体なすぎるくらいでしたが、「Shall We Dance?」などメインで聴ける曲も数曲あったので大満足です。
それと、Twitterで話題にもなっていますが1幕中盤の衣装がアナ雪のエルサまんまでした。
将来四季でアナ雪上演することになったらぜひ岡村エルサ、実現してほしいですね。
とにもかくにも、やはり岡村美南さんは凄いと言わしめる圧倒的歌唱力・圧倒的存在感・圧倒的オーラでした。
マイロというキャラクターを一瞬で好きになりましたし、岡村さんの魅力もたくさん感じられる新境地ともいえるキャラクターだったと思います。

まとめ

いやぁ、気付いたらやっぱり岡村さんの感想だけ長くなりましたね。
これでもかなり縮めたほうなんですけどね(笑)

やはり贔屓のいる舞台って楽しくて仕方がないんですよ。
正直なこと言うと、岡村さんが出ているシーンは例えメインが他のキャラクターたちであろうと、岡村さんしか観なくなるのでだいぶ偏った見方をしているのですが。

でも、たとえ出番がほんの少しだとしても彼女が出ているだけで全身の血が逆流するんじゃないかと思うくらい興奮して熱が高まるんです。
マイロってキャスト表では5番目に位置するキャラクターですが、かなり重要な役ですし、岡村さんが演じることでマイロが1番目に来てもおかしくないくらいなんですね。
それは要するに、岡村さんの部分でも触れましたが圧倒的な存在感があったからです。

周りが元々歌の人ではなくダンスに人たちで固められていたのもあるかもしれませんが、やはり演技や歌の部分になってくると岡村さんの圧倒的な存在感やパワーが発揮されるなと感じました。
逆を言えば、この作品がダンス演目だからこそ歌の人は凄く目立つのかもしれませんね。

今の岡村さんは、多分どんな人たちの集まりであろうと絶対に埋もれたりはしないでしょうね。
この数年間で着実にエネルギッシュになっていますし、オーラが凄くなっています。
もちろん私の贔屓フィルターがかかっているせいもあるとは思いますが、そうでなくとも周りの声として岡村さんを讃える意見はたくさん見ていました。

なんだか観ていて、凄く岡村美南さんを改めて好きだと思える舞台でした。
やっぱり岡村さんは私の大切なご贔屓です。

久しぶりに劇団四季を観劇できて、岡村さんを拝見できて幸せでした!

そして久々のレポ更新ではありましたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました!!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました