2019年11月9日マチネ 劇団四季『パリのアメリカ人』@名古屋

パリのアメリカ人
この記事は約5分で読めます。
ゆうき
ゆうき

なかなか集中できなかった観劇でした…

日時:2019年11月9日マチネ公演
場所:名古屋四季劇場
座席:1階S席3列23番

はじめに

岡村美南さんが帰ってきたので行かない理由がありませんでした。
しかも9日から吉岡慈夢さんがジェリーということで、期待大!

ついに名古屋デビュー組の三銃士が揃ったので、より一層楽しみでした。
もちろんそんな中でもお目当ては大好きな岡村美南さんです。

ということではるばる東京からやってきたわけですけど…。
公演自体はすっごく素晴らしかったんですけど、あまりにも私の周りの人たちで一部マナーとかそういう欠片もない人がいて、本当に台無しにされました。

レポも正直する気にはなれないですけど、感じたものはしっかり記録として残しておきたいのでレポしていきます。
ざっくりですが、まずはどうぞ!

総評

全体の感想です。

キャスト:★★★★★
座席:★★
全体:★★★

ようやく観れる吉岡慈夢さんのジェリーに、超久しぶりの石橋杏実さん。
この前観て素敵だなと思った神永さんに山下さん。
そして大好きな岡村美南さんがいて、大大大満足のキャストでした!

座席の位置自体は2列目の正面付近なので凄く観やすかったですし大満足。
しかし、すぐ周辺で1幕最初からずっといびきかいてる人がいて、スマホの電源を切らずに公演中スマホを確認する人がいて、公演中話してる人がいて…。
どれか1つでも最悪なのにそれが全部重なることもなかなかないですよ…。
本当に観劇に集中できなくて凄くショックでした。

キャストの皆さんのお芝居は本当に素晴らしかったです。
凄く素敵な公演だったけど、客席ですね…。
どうかソワレでは素敵なお客さんに囲まれますように。

キャストの感想

気になる方の感想を書いています。

ジェリー・マリガン:吉岡慈夢

念願の慈夢さんジェリー、まず顔面偏差値がめちゃくちゃ高い!!!
すっごくかっこよくて美青年すぎてビックリしました。
あれ、慈夢さんってこんなにかっこいいんだっけって思うくらいの美形でした…。
で、肝心のお芝居のほうは…んー、ってちょっとなるところはありましたが、平均的な感じ?
ジェリーって私の中で酒井さんや松島さんのようなリズのことが大好きで大好きでその感情が常に爆発していて、勢いがある人なイメージだったんですよね。
でも慈夢さんのジェリーは割と落ち着いている(ここは演技力の問題かな)し、あまり感情を爆発させることもないし勢いもそこまでなくて。
なんか凄く精神的に大人なジェリーでした。
アンサンブルさんとして参加されていたときはとにかくうるさい慈夢さんが印象的だったので、ジェリーでも発狂したりするのかなって密かに楽しみにしていた部分もあったんですけどね(笑)
だから正直なことを言えば、少し物足りなさがありました。
でもダンスを踊り始めると凄く魅力が爆発して、何より踊ってるときの慈夢さんの表情が凄く素敵なんですよね。
とにかく笑うし楽しそうだし、「あ、この人は本当にダンスが好きなんだな」って伝わってきました。
パリバレエなんか踊ってるときに音楽に合わせて「バンバン」とか口パクされていたりして、「フォー!」って声あげてたりして、「あ~~~!慈夢さんだ~~~!」ってなりました(笑)
こういうところって慈夢さんならではのジェリーを見せられる部分だと思うし、もっとそういうのやってほしいです(笑)
あとはマイロ関係で言うと、「世の中には金で買えないものもある」って突き放すところもマイロの手を乱暴に突き放すのじゃなくて、ゆっくり手を添えて突き放すというより下げるっていう表現のが正しいかな。
マイロへの優しさが見えちゃってつらかったです…。
そういう部分でも、リズへの愛情が爆発しないからマイロとの差もそこまで感じにくいのが慈夢さんジェリーの難しいところかなぁって思います。
もっとリズに一途になってくれたら、マイロ推しとしても諦めがつくのでとことんリズにゾッコンになってほしいです!
岡村さんとの距離感も結構ぎこちなかったから、ここもやっていくうちに距離が詰められるといいかな。
そんなわけで、初の慈夢さんジェリー、色々と発見があって面白かったです!

リズ・ダッサン:石橋杏実

5月ぶりの石橋さんのリズ、ずっと会いたかったですよ!
いやぁ、あのツンツンしたリズが健在で嬉しかったですし歌が凄く上手になっていました。
近藤さんの大人しめなリズをしばらく観続けていたので、凄く感情が表に出る石橋さんリズが懐かしくてキュンとしました。
くしゃっとした笑顔はもちろんですけど、華奢な身体を大きく動かしたダンスにも、2幕ラストのリズの楽屋で泣きそうになりながら岡村さんマイロを見つめる表情にもやられました。
観なかった半年の間に女優さんとして凄く大きくなっていて、ビックリしました。
石橋さんのリズ、可愛いです…本当に…。
そういえば1幕冒頭でパンをちぎれなくてちょっと焦ってた石橋さんが可愛かったです(笑)

マイロ・ダヴェンポート:岡村美南

岡村美南さん、やっぱりマイロの雰囲気変わりましたねぇ…。
なんか本当に落ち着いたマイロになって、さらに大人な雰囲気になりました。
あと歌い方というか歌のときの発声の感じも変わったなぁ。
そのときの調子によるものなのか、それとも意図的に変えたのか…。
ビブラートを効かせないストレートな感じの歌声なんですよ。
それはそれで新鮮ですし、ちゃんと声が出ているので個人的には聴いてて気持ちいいです。
ちなみに1幕ではマイロの髪型がまたほつれてきてて、踊るたびにぴょんぴょんしてたんですよね(笑)
でも2幕になったらそれが直ってました(笑)
マイロみたいな女性の髪がぴょんぴょんしてると気になっちゃうから、ちゃんとセットしてあげてほしいですね。
お芝居の面では前回感じたものとほぼ同じ感じなので今回は省略しますが、ソワレのレポでしっかり書きます!
あ、ちなみに日替わりピカソの絵選び、この前は右上の絵を選んでたけど今日は真ん中下の絵を選んでました。
気まぐれで可愛いねー♡

まとめ

ということでざっくりではありましたが、マチネの簡単なレポでした!
いやぁ…久々にこんなショックを受ける観劇したなぁって感じです。

どんなにキャストの皆さんが素敵だとしても客席の些細な不注意とかマナーのなさがこんなにも観劇の満足度に影響与えるんだなって改めて実感しました。

とりあえずこのあとソワレ観に行くので、挽回できるようにいっぱい楽しんできます!!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました