2019年3月23日マチネ 劇団四季『パリのアメリカ人』@横浜

パリのアメリカ人
この記事は約5分で読めます。
ゆうき
ゆうき

今回もがっつりマイロ堪能席での観劇でした!

日時:2019年3月23日マチネ公演
場所:KAAT 神奈川芸術劇場<ホール>
座席:1階S席3列13番

総評

全体の感想です。

キャスト:★★★★★
座席:★★★★★
全体:★★★★★

今回も前回と同じくですが、本当に不満は全然見当たりませんでした。
それどころか回数を重ねていくごとにだんだん余裕が出てきた人もいて、緊張感はありつつもヒヤヒヤしない感じでとても良かったです。
岡村美南さんや秋本みな子さんをはじめとした実力者がしっかり脇を固めて、主役の二人を支えているという構図は凄く安心します。
酒井さんも石橋さんも良くなっていって、凄く素敵でした。

今回KAAT初の2列目でしたが、KAATって2列目から段差あるんですね!
前の左右二人がどちらも男性だったんですけど全然気にならなくて、凄く見やすかったです。
それに前回と同じく、下手寄りのセンターなのでがっつりマイロ堪能席。
カテコでも岡村さんが目の前だったので、間近で拝見することができました。
KAATなら多分どこでも見やすそうですね。

席も見やすいしキャストのレベルも日に日に上がっていくし、満足しかありません。
全体的にまとまりもあって、とにかく作品に集中しやすくなっているのが本当に嬉しい。
ただ、今回客席の咳する声だったり2つ隣の女性が飴舐め出したり…そういうのはありましたけど。
舞台全体としては今回もまとまりがあって、テンポもいい公演になっていたと思います。

キャストの感想

気になったキャストの感想を書いています。

マイロ・ダヴェンポート:岡村美南

何度観ても岡村美南さんのマイロは存在感が凄すぎてオーラが一人だけ違いますね。
やはり、大人の女性っていうような貫禄があってマイロの年齢がよく分からないんですけど…。
前回も書いたけど、そんな大人の女性らしさの中に垣間見える幼い部分とのギャップに毎回やられます。
声のトーンだったり見せる表情だったり、ジェリーに見せるときとマダム・ボーレルやマエストロに見せるときとでは全然違っていて。
そういう細かな部分で差異をつけてくるところもさすがだなぁ…と思いながら見ていました。
あと、前々から思っていたんですけどタバコの持ち方というか咥え方?が若干慣れていないなっていうのが感じられますね(笑)
いや私も喫煙者じゃないのでよく分かりませんけど。
カタチだけ「っぽく」しているのも、やっぱり不器用で可愛いなぁって思いました。
それと、1幕の最後のほうで着るスーツが凄く似合っていてバリキャリ感半端なくて大好きです。
いかにもデキる女性って感じですし、身体が細くて腰つきがいい(殴)のでとっても素敵。
マイロって物語全体を通して、衣装で変化をつけているキャラクターなんですってね。
だんだんフランスに染まっていく、馴染んでいく、そういうのがとても分かりやすくて良かったと思います。
話が逸れましたが…あと気になった箇所でいえば、2幕の「バーの閉店まで粘るお一人様って」のくだり。
「なんと私」の言い方が、これまでは場を和ませるかのようにあえておどけた感じで言っていたんですよね。
あひる口で眉を上げるように笑いながら「なんと私♪」みたいな感じでした。
それが今回の公演では、語尾に音符をつけないような言い方になっていて。
場を和ませるとかおどけるというよりも、自分自身に言い聞かせるような…ジェリーとアダムを宥めるように、自分も弱い立場なんだよって言っているかのような。
そんな風に聞こえました。
これが意識的な変化ではなく、もしかしたら今回の調子的なものかもしれませんけど。
こういう変化から岡村さんのマイロに対する向き合い方とかに何か違いが出てきたのかな~とか、考えるのが好きですね、ええ。
ちなみに、最後の最後でちょっと甘噛みしたのはご愛敬です。
そんな感じで、今回も凄く素敵なお芝居をされていて圧巻でした。
毎回同じ感想しか言えなくて語彙力のないオタクだなって思うんですけど、本当に岡村美南さんのお芝居は素敵で大好きです。

観劇の感想・考察

気になったポイントの感想などを書いています。

額に頭をぶつけるジェリー

自らぶつかったわけではないんですけどね。
Shall We Dance?の最後で、ジェリーが歌うマイロを後ろから抱き締めるんですよね。
その二人の上から、サンボ二人が額縁を通していくんですけど。
そのときに酒井さんの頭にコツンって額が当たってしまったんです。
大事ではないですし、本当に軽くコツンって感じだったんですけど、大丈夫だったかな~って。
そんなぷちハプニングがあったにも関わらず、相変わらずの声量をぶちかましながら歌っていた岡村美南さんマイロも最高でした(笑)

ギャラリーラファイエットのシーン

どうしてもプリンシパルが出ているとそこにばっかり目がいっちゃうんですけど。
今回はサンボにも注目しながら色々観る余裕が出てきました。
ギャラリーラファイエットのシーンって、突然踊り出すジェリーに最初周りは戸惑っていたり怒りを感じていたりするんですけど、だんだん感化されて一緒に踊り出すんです。
そんな中で、誰だろう…女性サンボの一人が、ジェリーに振り回されながらも楽しそうに踊るリズに共感して応援するみたいな仕草をしていて。
アマンディーヌかな…?女性サンボが誰が誰だかさっぱり分からなくて…。
でも、こういう新たな発見もあって、視野を広げるのって大切だなと思いました。

マイロの首飾りに目くらましを食らう

光り物があると時々ピカーンって客席に反射することがあるんですよね。
そんな中で、今回は2幕のマイロの部屋で、ソファーベッドに横たわる岡村さんマイロの神々しい首飾りが一瞬反射して思い切り目くらましを食らいました(笑)
うーわ、眩しいよ!って思いましたけど、私にとっては岡村美南さんの存在そのものが眩しくて神々しいので何も問題ありませんでしたね。
っていう、ただのメモです。

まとめ

そんなわけで今回はかなり簡潔なレポで申し訳ありませんが、今回も凄く楽しかったです。
初のパリアメマチソワなので記憶が薄れる前にこの1時間で書き上げなきゃ…と思いまして、岡村さんにだけ焦点をあてたレポになってしまいました。

でも、今回も岡村さんに限らず、全体的に凄くまとまりのあった素敵な公演で、さらにパリアメを好きになりました。
観れば観るほど味が出る作品です。

そして観れば観るほど、マイロのここが好き!っていうポイントも増えていって。
楽しみが増えていって、より観劇が楽しくなるんですよね。
あとでマイロのここが好きポイントを絵にまとめたいなぁ…なんて思っています。

そんな感じで、本日はこのあとソワレも楽しんできます!!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました