2021年1月29日マチネ 劇団四季『マンマ・ミーア!』@京都

マンマ・ミーア!
この記事は約4分で読めます。
ゆうき
ゆうき

プチ京都旅行スタートです!

日時:2021年1月29日マチネ公演
場所:京都劇場
座席:1階S席F列10番

はじめに

京都公演開幕から2公演目となる今回もまたまた京都にやってきて観劇です!普通に仕事ありましたけど、色々考えて今しか岡村美南さんのドナは観られないしこの先演劇業界がどうなっていくか分からないし…ということで有休取りました。今が有休の使いどころだ!という直感を信じて…。

あとは普通に初日の岡村美南さんのお芝居が凄く良くなっていたので、また観たいなと思わせてくれたのが今回の行動力にも繋がっています。このご時世なのでふらふらと遠征していることを快く思われない方もいることは承知の上ですが、やっぱり覚悟を持って舞台に立ってくれる俳優さんたちがいるっていうことを考えたら、私も覚悟を持って観劇したいなと思えました。結果的に、今回も観劇できて本当に良かったです。

今回は男子学生の団体が入っていて、男女比がほぼ同じくらいだったんじゃないかな。異様な光景でした(笑)一方できっと元々予約していたであろう別団体がキャンセルしちゃったのか、1階席の中段あたりと2階席はガラッと空いちゃっていて、開幕2日目でこれは結構厳しいですね…。なかなか客入りが思わしくないのはコロナだからだし、四季ちゃんにはどうかめげずに公演を続けていってほしいなと思います。

グッズもこんなキャンペーンやり出しててさすがに笑ったんですけど、京都公演で他公演のマグネット販売しても売れないって絶対(笑)しかも裏面の表記がちょっと異なるだけで実質ほぼ一緒なので、もうちょっとマシなデザインだったら良かったのになーなんて…。でも京都ではグッズが全体的に値下がりしているので、少しでも力になれれば…と思い、4体目となるドナベアちゃんを購入しました。

早速フォロワーさんお手製のサングラスとマラボーをつけてあげてDQドナベアちゃんの完成です。次回からはこの子も一緒に劇場に連れて行ってあげようと思います。

ちょっと話が脱線しましたが、何はともあれ今回も色々な発見があったりたくさんのことを感じられたりと充実した観劇になりましたので、簡単にではありますがレポしていきます。どうか最後までお付き合いください!

ちなみに前回の京都公演初日のレポからページ分けをしてみました。1ページあたりの文字量を減らして分割してみたんですけど、どっちのほうが読みやすいですかね…。「前のほうがいい」とか「このほうが読みやすい」とかご意見あればコメントや拍手などいただけたら嬉しいです。参考にさせていただきます!

総評

全体の感想を書いていきます。

キャスト:★★★★★
座席:★★★★★
全体:★★★★★

なんとなーくコンディション的にも初日より今回のほうが全体的に良かったんじゃないかなっていうくらい、完成度の高さを感じられた公演でした。後述しますけど、高倉さんや増山さんが初日とガラッとお芝居を変えてきた部分があったりもしたのでかなり新鮮に観ることができて楽しかったです。こうして変化をつけてくるのも生ならではの醍醐味ですし、客席の反応を見ながらどういう風に演じていくのがいいのかなって模索しているんだろうなっていうのが伝わってきてほっこりしました。

今期マンマはデビューさんがかなり多かったのでフレッシュな面々も多いんですけど、横浜、福岡を経ていくと安定感が出てきてちょうどいい感じに仕上がるのが良いですね。だらけることなくフレッシュすぎず、良い意味で物語に馴染んできているのが観ていてとても面白いです。中でもやっぱり岡村美南さんは公演を重ねていってかなり貫禄もついてきたし、それでもまだまだバイタリティがあって深化し続けているし、この成長途中の過程を見届けられるのが何よりも楽しくて仕方ないです。

そんな模索し続けている京都公演2日目ですが、お客さんの入りはそこまで良くないものの、とにかく笑ってくれるお客さんが多くて凄くアットホームでした。温かくて盛り上がっていて、なんかもうそれだけでもいいのかもしれない…って思えるくらい、来ていたお客さんたちは楽しんでいらっしゃったと思います。学生さんたちも結構盛り上がっていてくれたみたいだし、お客さんの数は少ないながらもかなりハイな公演でした。

私の席の周りの方々がとにかく良い反応をされているので、つられて私も笑ってしまいましたし、なんかこういう連鎖ってありますよね。お客さんが盛り上がっていれば自分も楽しくなっちゃうのってあると思います。それを強く感じられた観劇になって、めっちゃ楽しかったです!座席的にも岡村美南さんドナを堪能できる下手寄りセンターだったので、大満足でした。

ただ、まだまだ音響面では調整が必要そうだなぁ…とも思ったので、そこは少し気になったポイントかも。どうすれば良く聞こえるかっていう模索段階だと思うので、早く調整できるようになってほしいです。そこさえクリアできちゃえば、もう京都マンマは最強です、マジで!

今回もめっちゃ楽しい観劇になったので、来て正解でした。久々にこんな笑った観劇ができて個人的にも楽しかったです。それに岡村美南さんのお芝居のちょっとした変化とかも実際にこの目で見届けられて幸せでした。できることなら毎日見届けたい…。それくらい素晴らしい公演でしたよ!

>>次ページからキャストの感想です!

3

コメント

  1. かよ より:

    初めてコメントさせて頂きます。
    私も同じ日に観劇しておりました。G列10番で、直ぐ後ろの座席でした。
    開演前に、リュックサックにドナの可愛いお人形とバッチを付けていらっしゃるな~と
    思い、きっとマンマミーアのファンの方なんだな~と分かりました(^^)

    私もマンマミーアは大好きな作品で、色んな劇場で観劇しました。
    岡村さんのドナをデビューされた時から凄く楽しみにしていましたので、今回実現することが
    できて嬉しかったです。
    様々な作品で岡村さんを拝見しましたが、どの役にも繊細で自分のものにされていて
    役者として素敵な方だと思います。
    また機会があれば、岡村ドナを観たいです。

    失礼いたしました。

    • yunky373 yunky373 より:

      かよ様、初めまして!コメントありがとうございます!
      きゃー真後ろですね、なんだかお恥ずかしいですが温かく見守ってくださりありがとうございます(^^)笑

      この作品は観るたびにたくさん元気もらえますよね。
      そして岡村美南さんのドナの感想もありがとうございます。
      本当に凄く繊細なお芝居をされる方で、京都に来てからさらにお芝居が細かくなって魅力的になっていました。
      そうおっしゃっていただけてファンの私としても凄く嬉しい気持ちでいっぱいです。
      ぜひまた機会があれば岡村さんのドナを観てみてくださいませ!
      素敵なコメントありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました