2021年3月12日マチネ 劇団四季『マンマ・ミーア!』@京都

マンマ・ミーア!
この記事は約3分で読めます。
ゆうき
ゆうき

最高に盛り上がった公演でした!

日時:2021年3月12日マチネ公演
場所:京都劇場
座席:1階S席F列19番

はじめに

京都遠征2日目です。ついに岡村美南さんドナと芝清道さんサムの組み合わせが実現ということで期待と不安の中観劇した遠征初日でしたが、色んな発見はあったものの課題もたくさん見つかったので自分の中では若干消化不良となってしまった部分もありました。なので今回からしっかり巻き返していけるように、自分なりの解釈を固めた上で観劇に臨もうと思います!

全然話変わりますが、せっかくなので備忘録的な意味で初日に食べたものここに載せておきます(笑)毎回色々美味しいものを食べてはいるんですけどどこにも載せてないので、消すのもったいなくて…。

昼に食べたのが京都ヨドバシにある「名物もも焼き 大山(だいせん)」の「大山もも焼き定食」です。肉が食べたかったので念願叶って幸せでした。

夜はPortaにある「味味香ポルタ店」の「茄子チーズカレーうどん」です。ずっと気になっていたお店だったのでようやく行けて嬉しかったです。麺にクリームチーズが絡んで最高でした!

ということでちょっと話が脱線しましたが、今回もレポ頑張っていきますのでぜひ最後までご覧くださいませ!

総評

全体の感想を書いていきます。

キャスト:★★★★★
座席:★★★★★
全体:★★★★★

不安で不安でたまらなかった岡村さんドナ×芝さんサムの組み合わせですが、2回目の今回はもう慣れました(笑)前回観て自分なりにこの2人の関係性についての解釈を考察してみたことで、その解釈ですんなりと受け入れられたんです。もちろんまだ慣れないところは部分的にありますが、もうこの2人が昔付き合っていたということにも違和感を抱かなくなりました。なので、純粋にマンマを楽しむことができて最高の観劇ができました!

くわえて岡村美南さんをはじめ、皆さんコンディション抜群だったしミスも特にないし、本当に熱量の高いお芝居をされていました。キャストが変わっても一体感は失われず、新たな化学変化を起こして面白さを見出していたのも素晴らしかったです。

今回は2列目上手寄りセンターで表情もしっかり堪能しながら観られたので、それも観劇をより楽しめた要因かなと思います。何より、今回は外国人のグループが来ていて彼らがとにかく盛り上げてくれたので、マジですっごく盛り上がった公演になりました。

笑いどころも日本人と異なるためか、普段笑いが起こらないようなところで彼らが笑うし、The Winnerのラストのロングトーンを岡村さんドナが歌い上げると「フォー!」と歓声をあげてくれるし、カテコももちろん歓声で盛り上げてくれるし…そのおかげで他のお客さんたちも歓声をあげながら盛り上がってくれて、なんかもうブロードウェイ並みに盛り上がった公演になりました。それがめっちゃくちゃ楽しくて、やっぱり客席がこんなに盛り上がるとそれがダイレクトにステージ上の俳優さんにも伝わるみたいなので、岡村さんもすっごく驚いて「やばいね~」って恒川さんと顔を見合わせていました。

平日でありながらこんなに盛り上がった公演に立ち会えて最高に幸せです。本当に心から楽しい観劇ができましたし、新しいサムドナの解釈も受け入れられたことで純粋にマンマを楽しめたし、マジで今回観劇できて良かったです。有休取った甲斐がありました!

あ、あとね、贔屓がお姫様抱っこされるの、2回目観てみてもマジですっげえ嬉しいです(笑)ずっと岡村さんがどんな作品であれ相手役の人にお姫様抱っこされてほしいな~っていう謎の願望があったので、それがこうして叶ってしまってもう最高に嬉しいんですわ…。芝さんもしっかり抱き上げてくれるし、岡村さんも軽く持ち上がっちゃうし、凄い…(笑)いやもう今週のマンマも超絶楽しいですよー!最高すぎます!!

>>次のページからはキャストの感想!

5

コメント

タイトルとURLをコピーしました